2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.12/12(Thu)

47RONIN 2D字幕&週刊SPA!

こんにちは。
またかなり間が空いちゃいましたがわたくしナント名古屋公演の直前に物凄い風邪を引いてしまいまして;;
高熱が続き鼻も詰まるしお医者さんに行っても悪寒は治まらず何とか1日だけでも参戦したいと毎日点滴を続けましたが改善されず(*´д`*)
ホテル代は前日だったのでキャンセル料取られるし新幹線もパーになるしで散々でした((;ω;))
せっかく名古屋公演の為に2日も有休取ったのに風邪の治療と言いますか、休養期間になるとは何とも皮肉な事に。。
そんなこんなで泣く泣く名古屋は断念致しました。
Twitterも覗けないくらいの高熱(インフルエンザではなかったですが)で本来なら私もそこに居たのに…と少し体長が戻リ始めてレポを読むと名古屋の言葉「でら」がいたく気に入った様子でやたら乱用してたそうですね(笑)
初日は仁友さんの息子さんが行ってくれたので(男の子が来てくれて仁も喜んだでしょうね♪)助かりました。
(ありがとうね!<私信)
なのでレポが書けずにいたという訳です。

風邪を引きやすいので体調管理には気を付けていたつもりだったのですが行けなかったのもまた致し方ない事と自分に言い聞かせ昨日あたりからようやく味覚嗅覚が戻り始めたので、もうね、大阪3日間は這ってでも行きますよ!
名古屋・大阪を観に行く為に東京や福岡を我慢したんですもの、これで大阪も行けないとなるとわたくし切腹致しますわ(笑)
今まで仁のコンサートを体調不良で飛ばした事が無かったのですが急に寒くなりましたからねー。
風邪を引くのは早くも2回目です(^^;
仁の体調を心配する前に自分の体調管理をしっかりしなさいって感じですよね。

12月6日、47RONIN公開日に仕事帰り映画を観てきました!
まずは2Dの字幕版を観たのですが18:45~の回だったのに客席はまばらでええ!?大丈夫かいな!?と思いましたが皆さん早めの時間帯に観に行かれてたんでしょうね。
3Dは突発性難聴を患ってから特に苦手になってしまったのですが次は吹き替え版を観てそれから3Dに挑戦したいと思っています♪
TOHOなんば
難波駅 主税看板
難波駅 看板
(何か写真が横向いちゃってますが/汗)

47RONINはもうほとんどの方がご覧になったと思いますが感想はまだ観てないという方の為に続きに入れますね。
発売日仕事帰りに週刊Spa!を買って来ました。
某〇ライデーみたいな週刊誌なんですね(^_^;)
仁のページは4ページもあってちょうどワールドプレミアの後に取材を受けたみたい。
何だかインタビュアーさんと若干話が噛みあってなくてインタビュアーさんが「すみません!」と謝ってるシーンも(^^;
常にポジティブ思考で悩むなんて時間の無駄。
そう言い切る仁は全くネガティブな考えを持たず常に前だけを向いて何事においてもポジティブで強気でね(笑)
確かにそうだけど人間ですもの(by あいだみつお/笑)時にはへこんだり落ち込んだりもしちゃう時がありますが前にも言ってましたけど「何とかなる」そういう本当に前向きで嫌な事もあるだろうけどそんな事は速攻削除しちゃうんでしょうね。
何とも仁らしいと言えるんですがインタビュアー泣かせな感じをちょっとだけ受けました。
意味が分らない質問には「わかんないです」とハッキリ(^^;
轟さんって映画評論もされてる方なんですね。
まぁ仁もきっと思った事を一生懸命伝えようとはしてくれていると思うのですが…(轟さん、すいませんね)
47RONINのオーディションの話から映画を実際観て特に気に入った場面は「CGですね、やっぱりレベルが高いと感じました」と答えていました。
仁も邦画はほとんど観なくて洋画ばかりだと言っていたし映画作りにも興味がありますから何時か仁がディレクターとして映画を撮った時にはかなり参考になるんだろうな。
父上役の真田さん、キアヌについても話してくれていましたが真田さんにはいろいろお世話になったんだとか。
47RONINのインタビュー番組で常に襟元を直して貰ったりして最後の方はパパとか真パパとか呼んでいたそう(笑)
真田さんはハリウッドで活躍する日本の代表的な俳優さんですものね、お住まいもアメリカを拠点にされていますし、今回親子役で共演させて頂けた事は仁に取ってもいい刺激になったと思います。

キアヌは映画の中では架空の人物でアウトサイダーな存在だったけど赤西さんを語る際の重要なキーワードではないかと勝手に考えてまして…という質問に「自分ではよくわからないですけど、そうなっちゃったんですかね。」と。
「振り返ってみれば、枠にハマってないkとばっかりしてきたなっていうのは思います、自分がやりたい事を実現させようとしてきたら、自然とそうなったってだけなんですけど」と淡々と答える仁。

で、途中赤西さんは現在、アーティストであってアイドルではないですよね。と聞かれて「どっちでもいいです」と意外な回答が。
前はアイドルと呼ばれる事に抵抗を感じていたように思ってたけど、今はアイドルっぽいことをやっていないけど昔はやっていたわけで自分の中ではアーティストやアイドルといったジャンル分けはないです。ときっぱり。
ほほー!ずいぶん考え方も変わって来た様子ですよね。

ものすごいポジティブ思考だからネガティブなことを一切考えない、常に超ポジティブ。
今も悩みとかないし悩んでる時間が無駄。もったいない。毎日楽しくやりたいことをやって生きていきたい。
それだけ。
と仁のヴィジョンは何時も一緒で全くブレが無い本当に芯の強いひとなんだなぁと改めて感心したりしましたね。

それと今クラブサーキットまっただ中で後は大阪3日間を残すのみとなりました。
札幌や福岡、名古屋と地方へ行ったらその土地のローカル番組に出演したりして結構忙しかったんだろうなぁ。
あの黒×白のボーダーニット帽はステージでも被ってるんですよね?
何か…着てきた洋服そのまんまでステージに上がってるのかしら(笑)
そんな飾らない仁がまたいいんですよねー( *´艸`)

47RONINを観た感想をちょこっと書いておきます。
まだ2Dの字幕版しか観てませんが仁が出演しているというだけでなく作品はとても素晴らしい映画でした。
途中涙がほろりした場面が何度かありましたし、カール監督いわく西洋人の視点から見た「忠臣蔵・赤穂浪士」が何て言ったらいいのかな、それこそ独得の世界観で作られていてスケールの大きさに圧倒されました。


web拍手 by FC2




3D字幕から観ようかなと思ったんですが公開初日は仕事終わりですと難波TOHOでは18:45~の2D字幕しかなくてまずはこちらから観ました。

キアヌ・リーブスが主演ですからもちろん出番は多いんですが仁演じる大石主税もセリフこそ少ないものの、いい感じでたくさん映ってました。
忠臣蔵、討ち入りといったイメージが根強いですが妖女やクリーチャーが出てきて戦ったりそれこそカール監督が長年構想を練って更に編集作業のため1年公開が遅れたのも納得いく作品が作りたかったのでしょうね、それが凄く伝わって来ました。
レディー浅野ミカ役を演じる柴咲コウちゃんがとても美しかった!
ブダペストとロンドンのセットで撮影された47RONIN。
お城をそのまま再現してやはりハリウッド映画はとにかくスケールがデカい!
私が印象に残ったのは主君をミヅキの毒で奪われ復讐を誓う大石内蔵助の真田さんの迫力満点な殺陣のシーンはもちろん、いっとき親子水入らずのシーンで主税が庭で一生懸命剣の稽古をしているのを母上が「主税は褒めてもらいたい一心で頑張っているのです」と言い父上は返事はしなかったけど幼き息子を頼もしい目で見ていた場面です。
これは原作にもあるシーンですよね。
有名な殿中でござる!と吉良に切りつけるシーンがまさかの展開で、ほぉー!こうなってるんだ!って。
浅野内匠頭を演じられた田中泯さんも凄く良かったです。
主税は弓の名手として戦いの時弓を射るシーンが多いのですが、テレビCMなどでは弓を放つシーンが正面からお顔がちゃんと映ってたのに本編では何と正面からではなく後ろ姿だったのが残念でしたわ~><
天狗に育てられたKAIの唯一の理解者であるとともに16歳という幼い主税が宿敵吉良の首を取りに行こうと47士が血判で誓い合うシーン、刀で親指を傷つけ血でサインをするところ、主税は少し痛そうな顔を一瞬ですがしたと思います。
名前を書くシーンもうろ覚えですがあったし常に父君のそばに主税がいて内蔵助も武士とはいえやはり我が息子のことはとても気にかけている様子がうかがえました。
主君の敵討ちは禁じられていたけれど、主税も加わりたいと父君に申し出るセリフも良かったですね。

一旦は吉良を斬りつけた事により牢獄のような地下に1年も放り込まれる内蔵助ですが主君の無念を晴らす為、再び赤穂で浪人となってしまったかつての浪士たちを集め復讐を誓う。
芭蕉が殿がお戻りになった!と川の中で喜んでいるシーンでは少し笑いが起きました(笑)
その芭蕉が戦いで致命的な傷を負い血が止まらず最後KAIに昔KAIが棲家にしていた小屋に小石を投げた事を謝りKAIも知っていたよ、と返しそのまま息を引き取ったシーンは泣けましたわ;;
(後ろに女子学生みたいな二人連れが座ってたんですが仁が映ったりこの芭蕉のシーンでもクスクス笑ってて若干イライラココ笑うとこじゃないからっ!ってものすご気が散っちゃったわ)

見事、吉良邸に忍び込みオロオロする吉良と内蔵助の一騎打ちは迫力満点でもうその頃には映画に引き込まれていましたね。

時の天皇に仇討ちは禁じたはずと47士を叱りながらも大石家が滅びるのは忍びないと若い主税を呼び、そなたが大石家を赤穂を守りなさいと切腹をただひとり出来なかった主税。
この時白装束で身を固めた仁、凛としていて16~17歳に掛けての若い役だったけど共に戦った赤穂浪士として切腹の覚悟はできていたのでしょうね、ですが天皇の命令でひとり生き残ることに。
目の前で父君が息絶えるのを見るのは立派な赤穂浪士の一人してでもありますがどんな思いだったのだろうとこの時はもう目が真っ赤になっちゃいました。
KAIも運命を共にするのですがプリンセスミカも生涯を掛けて愛する、愛し合うと誓ったKAIの最期を見届けなれればならなかった残酷さがこんな時代に生まれ浅野家の姫として凛々しくありたいと思いつつも涙があふれたシーンではまた私も涙…

話が前後しますが吉良の首を取り赤穂に凱旋したとき、母君を見つけ抱擁するシーンはもう辛くて辛くて((;ω;))
主税は顔色ひとつ変えずにいましたが母のぬくもりを全身で感じた事でしょう。

今回は初めて観たので主税、赤穂浪士を重点的にレビューを書きましたが吉良の悪どい役、妖女ミヅキを演じた浅野忠信さん、菊池凜子さんも素晴らしかったです。

衣装も豪華でしたね!
主税は地味は着物が多かったですが英語のセリフもネイティブと変わらず流暢で聞き取りやすかったです。

次は吹き替えを観て(本人が声やってますからね)続いて3D字幕を観たいと思います。
ハリウッドデビューを果たした仁、今は映画のプロモーションや自身のクラブサーキットの事で頭がいっぱいでしょうが、ベースである音楽、そしてまた映画にも挑戦してもらいたいと心から思った作品でした。

仁、お疲れ様!
ひいき目を抜きにして存在感もあり素晴らしかったよ!

テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

14:18  |  赤西仁  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●Re: 追伸^^

鍵コメJON☆さんへ

そうそう、観ましたよ♪
エンドロールが終わるまで席立てなかったですもん。
忠臣蔵をベースにした赤穂浪士の討ち入りのお話は幾つもありますし今も12月14日は参拝者が絶えないそうですね。
おお!14日に観てきたんですね、何という偶然!
時代が違うとはいえ何とも切なく儚い時代だったのだなと改めて今こうやってモノが溢れる時代に生きていられることに感謝すると同時に主君に最期まで忠信を貫いた赤穂浪士を誇りに思います。

そうだねー。
本当は主税も父上同様切腹したんだけれどカール監督は生かす道を選んだ。
主税はきっと大石家を継ぎ赤穂のために人生を尽くしたんだと思います^^
ゆうき→鍵コメJON☆さん | 2013.12.27(金) 23:23 | URL | コメント編集

鍵コメJON☆さんへ

今晩は☆
すっかりお返事が遅くなって本当にごめんなさいm(_)m
やっと今日仕事納めで何とか仕事だけは終わりましたがまだ年賀状とか大掃除とか全然進んでなくて明日から全開で頑張らねば!です(´Д`;)

そうなんですよ~!名古屋行きの直前に凄い風邪をひいてしまい、毎日病院行って点滴してもらったりお薬も飲んだりしてたんですが熱が下がらず何も食べれずだったので泣く泣く名古屋は諦めたんです(´;ω;`)
その分大阪は3日間無理言って有休もらったおかげで万全の体調で臨む事が出来て倒れることも無く(笑)間近で仁を、仁の創りだす世界を体感して堪能してきました♪
JON☆さんも何やら大変なことになっていたのですね?
大阪公演無事に参戦出来たかしら?
連絡しようかと思ってたんですが私も名古屋からお友達が来たりしてバタバタしていて連絡出来ずにいたのがずっと気になっていました。

47RONIN、まだ1回しか観てないんですが公開初日に参戦してまいりましたよ!
いやー!思いのほか良かったですわ!
主税もセリフこそ少ないものの凛として立派に大役を勤めあげましたよね!
ところどころ、私も目頭が熱くなり最後、主税は生き残ったものの目の前で父上を…と思うと涙が止まらず最後は号泣でした;;
帰りに知り合いの整骨院の先生にバッタリ会ってすんごい顔してますね?って驚かれました(;^ω^)
次は3Dで観てそれから吹き替えを観たいと思います♪
また別の意味でスクリーンに酔っちゃうかもしれませんが><

仁もますます役者として興味も出てきたみたいですしまたハリウッド映画に出演して欲しいですよね。
ゆうき→鍵コメJON☆さん | 2013.12.27(金) 23:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。