2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.10/04(Fri)

WWD JAPAN 2013 F/W TGC特集

ここのところ、ぐんと冷え込むようになりましたね。
掛け布団からですが既に毛布を愛用でございます。
10月初旬でこの冷え込み。寒いのはもの凄く苦手なワタクシ、今冬が今から思いやられます(*´ο`*)=3

昨日、ようやくWWD JAPANが到着しました♪
WWD JAPAN 2013 F/W

本屋さんに無かったので直接注文したので出遅れてしまいましたが、かなり大きな週刊紙なのに郵便受けに半ば無理矢理突っ込んであってビックリしましたよ、ちょっと折れてるし;;
若干プリプリしながら開けてみたら中は無事(仁も無事)で何よりでしたわ。

今回のWWD JAPAN、前回仁が掲載されたときとは違ってちょっと紙質の良いフリーペーパーみたいな感じなんですね。それでもまるまる2ページを仁に割いて下さって感激!
写真もいいし独占インタビューも載ってるし丸ごとTGC特集なのでTGCの裏側や出演したモデルさんたちの大変さなどがよく分かる内容になっていてとってもいいわ~。
1年8ヶ月ぶりのライブに3万3500人が熱狂!
赤西仁、サプライズでTGCに登場!

とどどん!と載っててあらま素敵♡みたいな(笑)
2013年F/W TGCのオフィシャルソングにHEY WHAT'S UP?が選ばれ、だって公式ソング歌ってんだから絶対トップシークレット扱いで仁、来るよねー?なんて仁友さんと話しながらとりあえず自由席のチケットを確保。
チケットぴあで買ったんですが、今って保険掛けておくと万が一行けなくなったとかやっぱ止めとこうなんて事になってもチケット代返金してくれるというシステムがあるんですね、保険と言ってもほんと少額ですしこのサービスはとってもいいと思いました♪
1年8ヶ月振りに公の場に登場したというのに行った時のエントリーにも書きましたがほんと仁がステージに出て来た瞬間それはそれは凄い大歓声で仁登場まで7時間くらい待ちましたし時間も遅かったですが一気に疲れも吹き飛んで4階の自由席からアリーナまで飛ぶように(?/笑)降りて行きましたからね(笑)
DJブースにはマイクが4本かなと思ってたんですが色んな種類の5本がセッティングされてたんですね。
”TOKYO”と大きくロゴが入ったお馴染みのTシャツにハーフパンツ、ブルーのハイカットシューズといった至ってラフなスタイルなのに煌びやかに着飾ったモデルさんたちに見劣りなど一切無し。
何も着飾らなくても、仁自身が輝き光を放っているからこそであってそれが仁が生まれ持つパワーでありオーラであり絶対的な存在感をかもし出していたのですよね。(アラ!褒めすぎた?( ´艸`))
短いですがスペシャルインタビューもいいです。

TGCにサプライズゲストで出演するのは2回目でしたよね、LANDSで一度出たけど今回はオフィシャルソング担当ですから^^
主役はあくまでランウェイを歩くモデルさんたちであって自分ではない、と言いたそうな控えめ発言ですがその為にわざわざ“TGC”と言う曲を作ったりDJブースにいる間の仁はとにかく手を忙しそうに動かしながら途中少し歌ったりラップを入れたりしてモデルさんたちを盛り上げてましたから。
HEY WHAT'S UP?とTGCの音源の違いを聞かれると「HEY WHAT'S UP?は夏を楽しむための曲、「TGC」はモデルが気持ち良く歩けるための曲。簡単に言うとそんな感じです。もっと言うとガールズイベントってキャピキャピしてるイメージだけど、僕はモードなキャットウォークができる音源にしたいなと思って作りました。」
と答えていました。
もうここまで考えてるなんて立派なクリエイターですよね。
「キャピキャピはもうお腹いっぱい(笑)なのに僕が最後にキャピキャピサウンドをやったところで,面白くないんじゃないかなと。今回は音とファッションの新しい取り組みが必要なんじゃないかと思って。」と答える仁。
今まで影響を受けたアーティストは?(定番の質問来ましたね/笑)には「時代によるけど・・・・・・、ジャンルとして軸にあるのはヒップホップ。2PACにはかなり影響を受けました。いつかLIL WAYNEやBUSTA RHYMESと共演できたらうれしいです。ブラックミュージックから、最新のエレクトロロックまで常にいろんなジャンルにアンテナを張り巡らせて、自分なりに流行を解釈したダンスミュージックを発信していきたいです」
と。
2PACは前にも名前が挙がってましたがリル・ウェインよりも影響を受けたくらい好きなんですね、へぇ~!私はてっきりリル・ウェイン率いるヤングマネー軍団が一番好きなのかなって思ってましたけど。。
でも好きなアーティストや音楽、音は常に変わってったりしますものね。

アーティスト赤西仁の5年後は?と問われると
「う~ん、わからないですね(笑)その時のシーンやマインド(考え、気分という意味)によって5年後の自分が何をやっているかは未知数ですから。」
おおお!まだまだ未知数なんだ?どれだけの引き出しを持ち、どこまでのポテンシャルを秘めてるんだろうかと思うと、これはもうますます仁から目が離せませんね♡

INFORMATIONとして新曲リリースの記事が小さく載ってます。
アイナルホウエ通常盤のジャケット。これ好きだわ(*´艸`)
子どもと写ってる方も好きだけど、仁ひとりで自分の胸の音を聴いて柔らかな笑みを浮かべてるその顔がもの凄くこの歌とマッチしているしやっぱカッコイイなって思います。
パーカ(フード、ね)を半分被ってるので、ジャケットを見た友達が「何か、、、赤ずきんちゃんみたい」って言ってました(笑)
ほぉ~!ヲタには無い新しい発想ね、そう見えなくもないな。
赤ずきんちゃんじんじん、いいじゃないですか( ´艸`)
おとぎの国からやってきた、みたいな雰囲気もあるような感じしますし。
それこそ見た人によって感じ方はそれぞれだし、仁もいつも言ってるようにひとつの観念やイメージなどに拘らず、ボーダーを作らず色んなジャンルの音楽やファッションだったり、言葉だったりをこれからもどんどん吸収して、そしてまた海外へも出て行って欲しいです。

仁は別格なのですが私が海外のアーティストで一番好きなのがBON JOVIなんですね。
そのBON JOVIのリーダーでありリードボーカルのJON・BON・JOVIがZEROのインタビューに出演したときとても興味深い事を話していました。
(↓※拍手コメントにて少し詳しく聞かせて欲しいと要望があったので追記しています)
彼はNew Jersey出身なのですが数年前大きなハリケーン被害に合い(カトリーナやサンディ)大変な事になりました。BON JOVIはもう既に世界中を1年掛けてツアーするほどのモンスターバンドとなっていましたが、故郷のNew Jerseyをこよなく愛する彼らは、生まれ育ち今も尚家族が住んでいる地が余りにも酷い被害にあい被災地となってしまった事に心を痛めたリーダーのJON・BON/JOVIがJBJ SOUL Foundationと言う慈善団体を立ち上げ地域で家や家族を失った人たちのために尽力したんですね。
ハリケーン被害のためだけでなくリーマンショック以来高い失業率で仕事がない人たちのために2011年ソウル・キッチンというレストランも設立したんです。
そのレストランのメニューには値段が無くてどれを注文しても一律10ドル。
で、余裕がある人はもっと多く払い(例えばあなたが20ドル払うと隣の人の料金はただになりその連鎖が続くとかね)お金が無い人は誰かが払ってくれた10ドルで食事をし、そしてソウル・キッチンでナプキン折りや皿洗いのバイトを1時間して労働意欲を取り戻して貰う、と言った画期的でとても素晴らしいシステムになっているんです。
JONは今51歳になりかなり老けちゃいましたがライブでの躍動感は未だ衰え知らず。
若い頃もハンサムでしたが色んな経験を積んでその表情や歌い方にも渋みや深みが出てきた、そんな自分を作ったのは若い頃にあちらこちらを旅して色んな人に会い、言葉は分からなくても身振り手振りでコミュニケーションを取り(それこそ行った国は無いんじゃないかってくらいですから)バンドとしても辛い時期がありましたが、そんな世界中を旅して得た経験が今の自分や曲作りに大変影響していて、今の若い人たちにももっと色んな国へ行き旅して経験を積んで欲しいと語っていたのを思い出しました。

まだ仁は29歳。
結婚したばかりだし愛娘はまだ小さいから、世界中を旅するってのはなかなか難しいかもしれませんが、元々海外旅行とか好きだと言っていたし、いや、別にJONみたいになってなんて思ってないんですよ、だって仁は仁だしJONはJONですからね。
だけどせっかく大抵の国で通じる英語が話せる仁ですから。。
行ってみたい国もあるだろうし何れは(ライブツアーを)ヨーロッパ圏やアジア圏でもって言っていましたし、家族一緒にでもいいし色んな国へ行ってたくさんいい経験をして欲しいな、なんて思うんですよね。

何時か必ずそんな経験が役に立つ日が来るはずだから。




web拍手 by FC2


テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

21:57  |  赤西仁  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。