2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.07/19(Fri)

HEY WHAT'S UP? PVショートVer.ワーナーサイトにて公開

朝はバタバタしていて何時ものごとくWSは全て見逃してしまいました;;
しかしWARNER MUSIC JAPAN JIN AKANISHI ARTIST SITEにてHEY WHAT'S UP?のPVがショートVer.ではありますが解禁!

いやーっ!めっちゃカッコイイ゚+.゚(*´∀`*)゚.+゚。.
モデルプレスでは本人の公式コメントも掲載。

アーティストの赤西仁が8月7日にリリースする新曲「HEY WHAT’S UP?」のミュージックビデオが完成した。

2012年3月7日発売のアルバム「JAPONICANA」以来1年5か月振りとなる赤西の新曲。本人作詞、作曲によるこの新曲の歌の世界感をわかりやすく表現するため、「夏」「パーティー」「TOKYO」といったキーワードから、「TOKYOの街がパーティー化」というコンセプトを基に、赤西自身も企画段階からアイディアを出し、AKB48やSKE48のMVなどを手がけている丸山健志監督と二人三脚で作り上げた映像作品に仕上がっている。撮影は朝11時から明朝7時まで、約20時間にわたり行われたという。

赤西は、「この曲は、夏とパーティーがテーマの曲なので、パーティーシーンは絶対に入れたかった。あと、TOKYOの面白さも表現したかった。海外の影響を受けた日本のMUSIC VIDEOは多いと思うけど、逆に、TOKYOの良さをアピールするようなMUSIC VIDEOを今回は作ってみたかった。本当にTOKYOって世界に誇れる楽しい場所だし、もっとTOKYOを世界に向けても発信していきたいなと思って、監督にいろいろ相談して、“TOKYO中がPARTY化”という1つのコンセプトができあがりました」と明かし、「自分が特にこだわったのは『カラフル』。ブラックライトで蛍光塗料を使ったり、カラフルなスモークを入れたり。あと、オリジナルで作ってもらった『TOKYO Tシャツ』。これはお気に入りで普段も着用しています。”TOKYO” がもっと世界中で流行ったらいいなあと」とアピールした。

丸山監督は、「赤西仁はアーティストであり、クリエーター。MVの表現に関して、共にアイデアを出し合い、何度もミーティングし、共同で作り上げた感があります」といい、「素直にパーティーを楽しんでいる赤西仁の表情が切り取れたと思っています」とコメントした。



もひとつ。
ナタリーの記事がとってもいいです。

8月7日に発売される赤西仁のニューシングル「HEY WHAT'S UP?」のビデオクリップが完成し、ワーナーミュージック・ジャパンの赤西仁オフィシャルページにて視聴がスタートした。

彼にとって約1年5カ月ぶりの新作として話題を集める今作。PVは本人作詞作曲による曲の世界感をわかりやすく表現するため、「夏」「PARTY」「TOKYO」といったキーワードから「TOKYO中がPARTY化」というコンセプトを設定し、赤西も企画段階からアイデアを出して監督と二人三脚で映像を作り上げた。監督はAKB48、SKE48、乃木坂46などのビデオクリップを数多く手がける丸山健志。

朝11:00から明朝7:00まで約20時間にわたり行われた撮影について、丸山は「夜の船上パーティーシーンでは、イベント方式でパーティーを行い、皆、自由にはっちゃけてもらい、そんな中、ドキュメンタリータッチで撮影していく。素直にパーティーを楽しんでいる赤西仁の表情が切り取れたと思っています」とコメント。赤西は「夏とパーティーがテーマの曲なので、パーティーシーンは絶対に入れたかった。あと、TOKYOの面白さも表現したかった」とコンセプトを解説している。

シングルはCD+DVD形態の初回限定盤AとB、24ページのフォトブックレット付きの初回限定盤C、CDのみの通常盤という4種類で販売。初回限定盤AのDVDではPVおよびメイキング映像が、初回限定盤BのDVDではレコーディングとジャケット撮影のドキュメント映像が堪能できる。



丸山健志監督 コメント


1年5カ月ぶりにリリースされる赤西仁の楽曲は、「夏」という季節にぴったりの「アッパーソング」。赤西仁はアーティストであり、クリエーター。MUSIC VIDEOの表現に関して、共にアイデアを出し合い、何度もミーティングし、共同で作り上げた感があります。演出でどうしても盛り込みたかったのは「リアル感」。素の赤西仁の表情をどこかに切り取りたかった。夜の船上パーティーシーンでは、イベント方式でパーティーを行い、皆、自由にはっちゃけてもらい、そんな中、ドキュメンタリータッチで撮影していく。素直にパーティーを楽しんでいる赤西仁の表情が切り取れたと思っています。


赤西仁 コメント

”HEY WHAT'S UP?”という曲は、夏とパーティーがテーマの曲なので、パーティーシーンは絶対に入れたかった。あと、TOKYOの面白さも表現したかった。海外の影響を受けた日本のMUSIC VIDEOは多いと思うけど、逆に、TOKYOの良さをアピールするようなMUSIC VIDEOを今回は作ってみたかった。本当にTOKYOって世界に誇れる楽しい場所だし、もっとTOKYOを世界に向けても発信していきたいなと思って、監督にいろいろ相談して、“TOKYO中がPARTY化”という一つのコンセプトができあがりました。自分が特にこだわったのは「カラフル」。ブラックライトで蛍光塗料を使ったり、カラフルなスモークを入れたり。あと、オリジナルで作ってもらった「TOKYO Tシャツ」。これはお気に入りで普段も着用しています。”TOKYO” がもっと世界中で流行ったらいいなあと。

PV監督のお言葉が嬉しいですね!

テーマが「夏」パーティー」「TOKYO」。
TOKYOって世界に誇れる楽しい場所なのでもっとTOKYOを世界に向けて発信していきたい、と仁。
やっぱ視点が違うわ~!
そうか、そういう観点からTOKYOを日本をアピールしていけるって訳ね。
アイディアの宝庫だわ、仁ってクリエイターにも向いてるわね(´艸`)
録り損ねたWS等を見せて頂いたのですがZIPではZIP宛てに名前を入れてご挨拶しているのね。
おは朝でもPVは流れたみたいだけど見てないし(;´▽`A``
ブラ無しのスッキリとした晴れやかな仁の生き生きとした笑顔がとても印象的。
凄く優しいお顔になってる、特に目ヂカラは相変わらずあるんだけどその目がとってもとっても優しげで好きな音楽を作って衣装やプロデュース、PVのアイディアも自ら出して完成したHEY WHAT'S UP?をリリース出来ると言う喜びに満ちあふれてる感じがします。
ネオンカラーが飛び交うパーティーさながらなPVで仁も楽しそう♪
赤い靴は見覚えがありますね(笑)
物持ちホントいいな。
TOKYO Tシャツも今度は白(笑)
しかもこれ背中にもロゴが入っているのでもしかしたらオリジナルで作ったものかもしれませんね。
Keiboも着ているし(何でKeiboが居るのか謎ですがw)ライブにはTOKYO Tシャツを着てくしか無いかしら(*´艸`)
実は黒に白ロゴのTシャツは買ったんですよね。
スピンズなら白もありますがここは仁効果なのか白もたくさんあったのに今は全サイズ入荷待ち。
凄いな(゜O゜;
ライブのグッズはTOKYO Tシャツで決まりでしょうか(笑)

動く仁、しかも踊ってる仁。
風船ガムを膨らませてるシーンは友&仁のパンフにもありましたね。
相変わらずガムはお好きなようです。

ワーナーミュージックダイレクトでもHEY WHAT'S UP?の限定BOXが予約第1位
17日にdwangoで先行独占配信されたHEY WHAT'S UP?の着うたもデイリーチャートで1位です!
ワーナーさんのFacebookにも堂々掲載。
dwangoデイリー1位

WANER MUSIC JAPAN FACEBOOK
どんどんイイネ!しちゃいましょう♪

でもまぁ思うに仁はオリコン初登場第1位とかそんなランキングに重きを置いていないと思いますがこりゃサザンといい勝負になるかも?
ただ仁は自分が発信したいと思う事を曲にしてその音楽、世界観を一人でも多くの人たちに見て聞いて貰いたいだけなんだと思う。

ちょこっとだけどPVだけ観たらネオンカラー煌めく若者(?/笑)達のパーリィーみたいだけど東京ってこんなに面白いんだぜ!みたいな外国の方にも十分アピール出来ると思うし今の仁が持てる全てを詰め込んだ素敵なPVに仕上がっている様子ですね。

メイキングシーンも少し映っていましたが身振り手振りを交えて色々アイディアを指示している所なんてまさにプロデューサー!

全面に仁の笑顔が溢れていて嬉しくてそれだけでテンション上がりますわ(*´д`*)

M-onとかスペースシャワーでいち早くPVのフルVer.がもうすぐ流れるんじゃないかしら?
プログラムチェックしとかないとですね^^


web拍手 by FC2










Jin
キャワ♡

テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

21:37  |  赤西仁  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。