2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03/04(Sun)

TVガイド、LIFE、ぴあ&Grazia

今日も深夜に今晩は。
何だか外は寒いですね、明日は昼から雨予報だし。
暖かくなるのはまだまだ先かしら。
うちの前の公園に梅の木があるんですが今日見たらつぼみが少し開いていました♪
もうすぐ、ですね^^

雑誌祭りももうすぐひと段落つく頃かな。
先週は毎日のように本屋さんに立ち寄りTV誌もガイド、ぴあ、LIFEを買い、週末にはGraziaと日経エンタテインメント!を買って来ました。
最初は小さな丘くらいだったのに今ではそこそこ立派な雑誌マウンテンと化しております(笑)

日経エンタのテキストがもの凄く良くてさすが専門誌と思いながらじっくり読みました。
私の性格上順番に書いてゆきたいのでまずはサクッとTV誌とGraziaを。

【TVガイド】
表紙に赤いジャケットを着た仁がいて本屋さんでぶっ倒れそうになりました(^^;
ピンナップ(両面です!)もついていてページ数も4ページもあるのに290円でこのクオリティ!
ガイドさんGJです
髪をまた更に切ったばかりなのかな?
ガイドは“可愛い仁”を前面にフィーチャーしてるような気がします。
毎回思うんですが寝そべって目線が定まらないとか上目使いでお口が半開きの仁の表情たるやアンニュイと言いますか、こういうポーズさせたら右に出るものはいませんわね。
特にP12からP13にかけての3連写ショットの可愛さったらありません(*´艸`)
眠いな…起きちゃった…でもママがいなくてスネてる幼児のような可愛さです。
お肌もトゥルットゥルッですしね。
ガイドさんのカバーストーリーに撮影裏話が載っています。
スタジオで撮影のあと資材置き場で撮影、更に屋上でも撮るとなった時の仁とカメラマンさんの素朴なやり取りを載せてくださっているんですが何だか微笑ましいエピソードですよね^^

これ、どんだけ撮るんですか? 何ページあるんですか!?」
とソボクなギモンを…。当然といえば当然です。

そこから
担当 「ページはたくさんあります」
仁くん「これ全部使うんですか?」
担当 「もちろん全カット使います!」
仁くん「絶対うそでしょー(笑)!」
などというやり取りがしばし…(汗)。

でも、口ではそんなことを言いながらも、
しっかり最後まで集中して撮影に挑んでくれた仁くん。

おかげさまで、表紙もグラビアも
久々登場の期待に応える出来栄えになりました。

もちろん、撮影した全カット、
使わせていただきました!

長い撮影にもちゃんと向き合ってくれて、
仁くんホントにありがとう~!!


撮影した分は全て使ってくださってありがとうございます。
だってお蔵入りになるようなショット一枚もないですもんね(^・^)
後はUSVer.に入る8曲を仁自身が簡単にレビューしてくれていてこれも嬉しい♪
理想の人物について尋ねられた仁の答えはこれまた明快。
「母親みたいな大人になりたい」
ママ―!(笑)
でも何かにつけて何時も常にお父さんとお母さんの話をする仁ですもんね、それにはちゃんとした理由があった事もこれで分かった。
若い頃からちゃんと育ててくれて、すっげ~って尊敬するし感謝してる。アメリカに板時も連絡してた。
だから早く自分も家庭を持ちたいってずーっと言ってましたもんね。
そういう家庭ですくすくと育ったから今の仁があるんでしょうし。
仁を産んでくれたママに感謝です(何で私が/笑)

【TV LIFE】
こちらは2ページですがJAPONICANAのレコーディング時の話や曲に関してと共にジャケットの話も。
「日本盤はシンプルにして、US盤は意味分からない系で(笑)ただ実は(US盤)が最初に思いついた案で、モノクロの中にあるコップの青は地球を表していて、これもワールドワイドを表現しています」
んだそうで。
でも私が気になるのは地球儀から伸びる鎖が仁の何処に繋がってるかってことで(笑)
そうか、仁は地球=世界と繋がっているんだよってそういう事なのかな、なんて色々想像するのも楽しいですよね。
今回のツアーはアルバム発売後だから曲を知っていてもらえるのが嬉しい、と。
ライブはお客さんもお酒を飲みながら参加できる形を希望していて、恥ずかしさとかも拭い去って自由に自分の好きな形で音楽を楽しんでもらえればいいなって。ライブはみんなも楽しんでほしい。それだけですね。」と話す仁。
これ横アリのイベントでも何処かクラブでもいいしやろうねって言ってましたね。
私お酒飲めないんだけどなぁ(苦笑)
参加してもいいですか?(笑)

【TV ぴあ】
ぴあもいいですねー。
やはりもうすぐ日米同時発売されるアルバムについてのインタビューがメインですがファンイベントの話も出ていました。
ファンの方のお見送りの時に長い時間たくさんの人に手を振るのはどんな気持ちでした?と聞かれ「手振ってました?(スタッフに結構振ってたよと言われて)そんなに振ってた?違うの、みんなが振ってくれたから。振ってたんだぁ……。なにかしないとね!フフフ(笑)」と照れる仁さま♡
色んな人が来てくれた中で意外と男の人も多くて。男の人ってやっぱり、シャイなんだなって思いましたね、ああいうとき(笑)って自分もそうだよね(笑)
私も男性を結構見かけましたが仁も嬉しかったろうなと思います(´∀`*)

【Grazia】
これはもうとにかく仁そのものが素敵な存在だってことを再認識させてくれるような大人の香り漂うスーツ姿でね、ショットが良かったので買っちゃいました(*´艸`)
グレーのストライプスーツに首元を緩めた細いブラックのタイが似合いすぎてもうこんな人いたら、飲めなくてもお店に入っていっちゃいますね(笑)
グラスを持つ手がこれまた…(*´艸`*)
GraziaでもTEST DRIVEとSUN BURNS DOWNがiTnesダンスチャートで1位を獲得したことについて聞かれていたりしていてこれは今までと同じような受け答えをしています。
いきなり期待以上の結果が出たことが今後のプレッシャーにならないのだろうか?と聞かれた時「それは全然ない。1曲入っただけですし、もう次に向いてますから。今後も今まで通り地道にやっていくだけです」と仁はもう既に次を見据えているかのような返答を。
ブレのなさこそが“赤西仁らしさ”なのだろうかと問われた時「そもそも“らしさ”ってどういうこと?結論は直感で判断する性質(タチ)なので、仕事では思い悩むことはあまりないんですよね。でも、プライベートとのバランスでは悩みますよ。自分自身の中にまず充実感があってこそ、仕事も頑張れるんだと思います」
そうそう、そこなの、それが仁の“らしさ”なんだと私は思うんですけどね。
そういういつでも真っ直ぐなところが仁なんだと。
まぁそんな風に聞かれても分からないよね、それこそ自分が決めることではないような気がするんだけど。

ガイドとGraziaはグラビアを楽しむ、と言ったほうがいいかなって感じでした。
Fineも買ったけどこちらはカジュアルな衣装を着てテキスト少ないし(笑)
インタビューもほんと同じような内容で(^。^;)
それでも最後にはチャンスをもらえれば、例えばアジアもそうですしヨーロッパで音楽配信したり、仕掛けられたらいいなと思ってます。と音楽の話になると何となく、ですけど前のめりになってそうなくらい饒舌になるんだね。
Fineは男性ファッション誌だから男の子も仁のインタビュー読んで興味持ってくれたら嬉しいな^^
でも着るものによってこれだけ雰囲気が変わるんだなーって。
どちらかと言えば普段はこんな感じなのかな。
ヴィトンとか好きみたいだけど高くてもいいものを長く着るタイプですしね(笑)

日経エンタはとても興味深い内容だったのでまた別エントリーで書こうと思います。

写真集、青は先に買ってたんだけどお友達に予約をお願いしていた“赤”西くんが届きました☆
どちらも好きだけどやっぱり赤がいいな゚+.゚(*´∀`*)゚.+゚。.
裏表の2枚が違うだけですけども(笑)




web拍手 by FC2


テーマ : JIN AKANISHI - ジャンル : アイドル・芸能

02:43  |  雑誌  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。