2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.12/04(Sun)

今更なVOGUE

TEST DRIVEミニアルバム発売まであと3日となりました。
もうすぐ手元に届くと思うと何だかドキドキしてくるー。
ミニアルバム発売間近だと言うのにプロモーションもほとんど(と言うかほぼ全然?)していないのはどうしてなのか不思議なんですけど?
TEST DRIVEは全米デビュー曲。
一応日本では聴けないって事でサービス的なアルバムなのかな。
J-webに特設サイトも出来てますが今のところトピックスからのメッセージがあるだけですもんねぇ。
28日発売になるSeasonsではガンガンプロモーションして欲しいところです。
プロモもあまりしてないのにTwitterではFMでもずいぶんTEST DRIVEが掛かってると言う嬉しいツイートも見かけたり。
私はまだラジオから流れて来るTEST DRIVEを聞いた事ないんですけど有線でもかなり流れているみたい♪

曲はオフィシャルサイトなどで聴いているしMVも観たけれどMVが入ったDVDにはメイキングもついてくるのでテレビの大画面で観るのが楽しみです♪

嵐の前の静けさの間に書きそびれていたVOGUEジャパンの感想をアップしておこうと思います。
1週間も下書きしては保存してを繰り返して来てようやくアップって(笑)
タイムリーな話題じゃないので続きに入れておきますね。


web拍手 by FC2








赤西仁。これからのストーリー。
と題されたテキストは英語でのインタビューを翻訳した文章なんですね。
写真はかなり斬新な?衣装と髪型に目が行っちゃいます。
こんなハイウエストで細身のパンツを穿いてる仁を見るなんて初めてに近いかも(笑)
何時もお尻が丸見えになっちゃうくらいのローライズですもんね(*´艸`)
髪が伸び放題に伸びているからまとめているのかもしれませんが何か昭和の銀幕スターみたいって思ったのが写真の第一印象(笑)
それでもハイクラスな衣装に身を包むと見てるうちにこれもアリかしら?なんて思えてくるから不思議。
私は珍しく首回りが大きく開いていないタンクトップを着ているセピアっぽいモノクロショットが一番好きです。
VOGUE☆

音楽だけでなく47RONINの話も。
ミュージシャンと俳優、そのどちらかであってもアメリカで成功を収めた日本人スターは非常に少ない。両方ともなればさらにまれだ。
と書かれていて仁が今いる場所がどれほど厳しい世界なのかが伺い知れる一言だなと。
ライターさんもアメリカ在住の方なので尚更そんな所で一人勝負(と言うには語弊があるけど)に挑んでいるんだと思うと仁がやりたいことをやる為に渡米したとはいえ想像もつかないような色んな出来事があるんだろうな、なんて思ったりしますね。

インタビューの始まりは少し居心地が悪そうで…って仁は何処に行っても初対面の方の前だとちょっとよそよそしく見えちゃう所は相変わらずのようで。
でも自分の好きな音楽やミュージシャンの話になると途端に生き生きと話し始め、ノー・ラヴの一部分を歌い出したとか(笑)
これ仁がノッて来た証拠ですね(笑)

仁が言うところのミート・パーティーを楽しんだり買い物にも出掛けたりする時間はあるんだ?
良かった。
最近めっきり呟かなくなって周りの関係者の方のツイートでしか様子とか知れないけどレコーディングばかりでスタジオに缶詰めってわけでもないんだね。

2012年に発売予定のfるアルバムのタイトルは未定で考え中らしいですが(苦笑)今までのYGツアーや凱旋ライブツアーで披露してきた名曲たちはどうなるんでしょうね?
Yellow GoldとかMagnitudeとか。。
クリモニも是非音源化して欲しい1曲なんだけど、初のフルアルバムに入る曲たちはまた新たに生み出した曲になるのかな?
一番印象に残った言葉は「人気のある音楽は常に移り変わっているから、その一歩先を目指さないと。僕はただ、いいものを作りたいだけ」って一文。
常に移り変わる、確かにその通り。
だったらやっぱりYGTの曲たちはそれはそれでその時存在し輝きを放っていて仁に取ってもかけがえのない素晴らしい曲ばかりなんでしょうがアルバムに、となると難しいのかなと思ったりします。
仁が決める事ですもんね。
「僕の今の行動を気に入ってもらえるといいんだけど」
「みんなの刺激になってくれたら、って思うよ」
と、慎重に言葉を選びながらファンに向けて語った言葉が胸に刺さりますねぇ。。
そんな心配しなくて大丈夫だから!
仁のファンだもん、仁が作り出す音楽なら無条件で好きになるに決まってるじゃない☆

キアヌ・リーブスと将棋を指したと言うエピソードも面白いですね。
フランクに話していたけど急に“そうだ、キアヌはマトリックスに出てた役者なんだよな”ってハッとして。って仁らしいわ(´艸`)

サングラスを外して初めて見せたダークブラウンのつぶらな瞳ってインタビュアーさんにはどんな風に映ったんだろう?
インタビュアーさんが仁と話してどんなことを感じたのか裏話的なものも聞いてみたいです。

謙虚で我慢強い態度を貫く。
さまざまな国へ行き、ハリウッド映画にも出演し色んな事を学んだ仁のこと。
絶対大丈夫。

仁って滝CHANnelなどでも分かるように心を開いている滝沢くんと話す時はちょっとおバカっぽい発言もしちゃうけど(英語メインな生活を送っているため日本語に切り替えるまで時間が掛かりますので.../失礼/笑)でも、いざという時冷静な判断が出来る頭のいい人ですから、ね(´艸`)

***

次はPOPEYE。
どんな話をしてくれるのか楽しみ。

テーマ : JIN AKANISHI - ジャンル : アイドル・芸能

19:18  |  JIN AKANISHI  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

拍手コメtaeさんへ

お返事が遅くなりました><
前のは少し地味だったので(笑)携帯テンプレと同じにしてみました。
47RONINの予告観て来られたんですね^^
まだ映画は無理なので第2弾予告が流れるころには観に行けるようになっているといいな。
仁主税さま、さぞかし美仁さんだったことでしょう^^
ゆうき⇒拍手コメtaeさん | 2011.12.07(水) 12:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。