2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.09/07(Wed)

FB更新&J-web iPhone版スタート&可愛がられるひと

一昨日の夜辺りからすっかり涼しくなり、夜は肌寒いくらいになりました。
まだ9月初旬ですからこれからまた少しは気温が上がる日もあるでしょうが、家の前にある公園ではいつの間にか蝉の鳴き声が止み、今では夜鈴虫が涼しげに鳴いています。
虫の鳴き声が聞えて来るとあぁ秋だなーって。
そして!
秋、と言えば??
仁のexciting newsが聞えて来る季節!
なんて思っていたら今朝FBからアナウンスが更新されましたヽ(^◇^*)/

[Admin]
Hello JIN AKANISHI fans! We just wanted to answer some of your recent questions. Jin's upcoming single with Jason Derulo will be in English. Also, Jin's official website will be launching soon, so please bookmark www.jinakanishiusa.com to be in the know! Thanks for all of your comments!

[管理者]
赤西仁ファンの皆さま、こんにちは!皆さまから寄せられた幾つかの質問にお答えしたいと思います。ジェイソン・デルーロとコラボしたシングル曲は英語です。また、仁の公式HPも近いうちにオープンしますのでブックマーク登録を宜しくお願い致します。たくさんのコメント有難うございます!

ファンからたくさんの質問があったのかな?
私も時々FBのコメント欄に書き込んだりしますけど、質問したことはなかったので^^;
でも、時(とき)が来たらこうやって明かせる範囲で答えてもらえるって嬉しいですね!
英語の歌詞かどうかって質問した人が多かったのかな^^;
少しずつですが、だんだんアメリカデビューへ向けての色んな事が明らかになりつつあり期待が高まります♪


Stereotypesと一緒に曲を作ってる、1曲出来た~以来、ここ5日ほど仁の呟きがありませんが忙しい証かな、と。
アルバム作りも追い込みに入って仁もバタバタしたりスタジオに籠ったりいるのでしょうかね。
そしてきっとおひげはボーボーのまま、なのよね(笑)
いい作品を作り上げる為には妥協を許さない仁のこと。
だって自分の全米デビューの為のアルバム制作ですもんね。
納得いくまでやって欲しいと思いますよね^^

それからついにJ-webのiPhone版アプリが出来ました♪
webに引き継ぎ等のお知らせが載っています。
携帯もそろそろ必要なくなるかなぁ。
ログインするといきなり仁のお顔が出るんだそうな(´艸`)
早いとこ手続き済ませちゃおう。

楽しみがたくさん待っている今年後半、といったところでしょうか゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
とりあえず12日発売のFRaUが楽しみ

***

東京帽子倶楽部で毎年開催されているHat GrandPrix「帽子がもっとも似合う人」2011年ファーストステージの途中経過が出ました。
今のところ仁が1位ですね
帽子はなるべく被らないで頂きたいんですけど(笑)
でも似合っちゃうから仕方ないか(*´艸`)

【お知らせ】
拍手コメントについて。
基本私のブログでは頂いたコメントは全て非公開設定にしております。
拍手コメントの方が書きやすいと言った方も多いのが私のブログの特徴なのかもしれませんし書き込みしやすいかと思うのですがこの度勝手ながら拍手コメントのお返事はしばらくお休みさせて頂く事と致しました。
申し訳ございません。
ですが、コメント頂くと激しく喜びますので一言でも頂けると嬉しいです。
今後しばらくは公開コメントのみお返事させて頂きますね。
公開コメントって長らく無いのですが^^;
重ね重ねではございますが、何卒ご容赦くださいませ。

***

仁の代わりと言っちゃ失礼ですが。
仁に関わる人が幾つかツイートしてくださっているのでちょっとまとめておこうかな、と思います。
長いしメモ的備忘録なので続きに入れておきます。




web拍手 by FC2








9/3 Zen→Jin“dude you need to shave. yo ugly face is breaking my skype”
よぉ、ヒゲ剃れよ。お前のひでぇ顔のおかげで俺のスカイプがぶっ壊れそうだぜ

9/3 Zen→Jin“told y'all that @Stereotypes were dope. can't wait to hear the tracks they did with @Jin_Akanishi !”
前にステレオタイプスは凄くいいぜってみんなに話しただろ。彼らが仁と作った曲を早く聴きたいよ!

ZenさんはコンポーザーでもあるからStereotypesがお気に入りだったのかしら。
仁に曲を作ってはせっせと送ってくれていた(だろう)Zenさん。
Zenさんが作った曲をベースに仁とStereotypesがアレンジした曲もアルバムに入ったらいいなぁ♪
嬉しいでしょうね^^
直接Stereotypesとやり取りもしていましたし。


そして9/5夜、Leoから仁に急を要するツイート??
Leo→Jin“I have talk to you call me ASAP....”
話したいことがあるから出来るだけ早電話して....
*ASAP=as soon as possible 出来るだけ早く

えっ?何だろう??どうしたんでしょうね?
この時点でLAは午前5時過ぎ。
お兄ちゃんまだ寝てる時間だろうし。。
本当に緊急で急ぐ事なら電話をガンガン掛けるとかメールもあるだろうしね?
その後も仁からリプはなくしびれを切らした?Leoくんが夜遅くに“oi”と。
うーん。お兄ちゃんとはその後連絡取れてるといいんですけど。
Leoくん、お姉ちゃんたち心配するじゃないか^^;
解決したかしら。

9/4に有名な映画プロデューサーであるTeddy Zeeさんが“If you could ask @Jin_Akanishi any question, what would it be?”
もしJin Akanishiに質問する事が出来たら何を聴いてみたいですか?

ええええ(◎-◎)!
本当ですか?
これってTeddyさんを通じて仁に聞いてくれるってこと?って思っちゃいましたけど、たくさんリプが来てるんでしょうね、そりゃみな聞いて見たいことたくさんあるでしょうし。
私も質問はしました。
が、しかし。今のところその件についてのお話はありません。(あまりにも多くてスルー??笑)

そんなTeddyさん。
昨日“Was at a BBQ this weekend and met the studio exec who worked on #47Ronin. He had wonderful things to say about @Jin_Akanishi :)”
週末BBQをした時、47RONINの映画制作会社の役員に会ったんだ。彼はJIN AKANISHIの事を凄く褒めていたよ:)
*exec=(企業)の役員, 幹部

Teddyさんは良く仁の話を呟いて下さいますが、どういう関係なのか?仕事関係なのかそれか全くのプライベートなのかは今のところ全くの不明。
仁はTeddyさんをフォローしてないしね。

とにかくひとつ言える事はTeddyさんが仁を「凄く気に入ってくれていて可愛がってくれている」と言うこと(´艸`)
BBQランチに行ったよ、とかご自身は関係されていない47RONINの役員クラスの方(多分UNIVERSAL PICTUREかな?)と会った時に仁は現場でどうだった?なんて聞いて下さったのでしょうね。
Teddyさんの詳しい事はTeddy Zee Wikipediaを見た方が早いと思います。
同じアジア圏出身と言うこともあるのかな。
仁は本当に色んな方から(それこそ老若男女問わず/苦笑)可愛がられる人だなぁとつくづく思います。
相手の心をキャッチするのが上手いのかしら(´艸`)

そんなこんなのここ数日でしたが、昨日BANDAGEにもナース役で出演されていたキタキマユさんがこんなツイートを。

“そしてなんと帰りに!この方に遭遇!!心臓止まるかと思いました☆元ソニーミュージックのディレクターであり。ワーナーミュージック洋楽の社長であり。現在、赤西仁くんと、ホイットニーヒューストンのプロデューサーでもある、デイヴィット・・”
“おぉ!なんか呟きが途中で切れてて、まるで田端さんがデイヴィットかのような文章になってしまった!(>_<)ディヴィットフォスターを担当している田端花子氏!相変わらず、英語と日本語が混ざってて超面白かった!(笑)すごく嬉しい再会です☆

と興奮冷めやらぬツイートを見かけました。
ディヴィットフォスターがプロデビュースするのではなく、ディヴィットフォスターと仁を担当しているのが田端氏、と言うことなんですね^^;

田端花子さんって凄い経歴の持ち主なんですね、そんな頼れる方が仁の担当だなんて心強い!!
日経エンタメ!で仁の全米デビューの事について話して下さっていた方ですわね。

「イギリスで1位を取ったアーティストがアメリカに来てみたら300人くらいしか入らなかったといった話はよくあるんですが、赤西さんはレーベルのサポートがないなかでも2500人クラスのキャパを埋める。現地ではデビュー前なのに、これだけ呼べるアーティストはそういない」
「レコード会社としては赤西さんの“DIY”をサポートする姿勢でいます。周りがお膳立てしたなかで結果を出すのではなくて、たとえ時間がかかっても地道にはい上がって行く姿を見せたい」



仁も新人アーティスト。
ワーナーのスタッフMEMOにも日本人アーティストをアメリカの新人と同様のスタイルで本格デビューさせるということは初の試みであ…とあったように大胆だけど大切に仁を育てていこうとして下さっている素晴らしいスタッフさんの意気込みが伝わって来ます。

いよいよだ♪



テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

21:37  |  JIN AKANISHI  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。