2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03/10(Thu)

Billboard JAPAN Charts Hot100 Eternal1位&アップ&UP&NYT GO 仁インタビュー

Billboard Japan Charts Hot100でEternalが1位獲得
あちらこちらのチャートでEternalの好発進、ファンとしてはやはり嬉しいです♪

Billboard Japan Hot100とは

株式会社エス・アイ・ピーの提供するリアルストア、Eコマース約4,100店舗における販売枚数のパッケージ実売データとiTunes Japanの配信回数、株式会社プランテックの提供するラジオ放送回数データを、米国Billboard Hot100の合算ノウハウを生かし合算したシングルチャートです。


なんだそう。
いつだったかビルボードチャートで1位取りたいなんて言ってませんでしたっけ?
あ、これはジャニーさんが言ったんだったかな(ちょっと曖昧/汗)
仁の全米デビューアルバム(or シングル)も本拠地アメリカのビルボードチャートを賑わす日が来るといいな^^

今日関西テレビのアップ&UPと言う情報番組内のイケメンコーナーに颯太くんと仁が取り上げられました。
何があるかわからないし、とここのところ関西テレビと読売テレビのWSを毎日録画しておいて良かったー!
内容は先日麻布消防署で1日署長を務めた日の事がメインなんですけど、仁の事も一緒に紹介してくれてて。
EternalのPVが流れる中、新聞などに載っていた颯太くんのインタビューが紹介されてました。

アップ&UP①
アップ&UP②
アップ&UP③

Pちゃんとアムロちゃんのコラボや優くんフルヌードの話題も。
優くんのananは見ていないんだけど、こりゃまた凄いですな^^;
ananのカバーストーリーも読んだけど好きなオトコのパーツや何やらって特集だったら仁もねぇ~!絶対出ていいはずなのに。日本にいないから仕方ないか。。
ヌードになった歴代のタレントさんの写真も出ていて仁のもありましたよ^^
CONTENTSページに載っていたシャツを羽織っている写真でした。
ココだけの話、やっぱり仁が一番カッコイイー( ´艸`)


NYT GOと言うネットサイトに去年全米ツアーを回った時にNYで受けた仁のインタビューが載ってます。
DOWN TO EARTH SUPER STAR(地に足をつけたスーパースター)
何て的を得たタイトル♪
写真もあるんだけどおでこ全開でリラックスした表情でとってもいい写真だわ。
Photoのところに以前NYで仁の取材をしたという鈴木さんのお名前が。
あの頃、取材をしたのだけれど色々あって取材記事や写真を出す事が出来ない、みたいな事をおっしゃってましたがようやくGOサインが出たのかな。
インタビューも新しいものなのでちょっと頑張って訳してみました(*^_^*)

続きからどうぞ。


web拍手 by FC2









英文は長いので訳部分だけです。
読んでみたら短いからこれなら出来るかなと帰りの電車の中からずっとやってたんだけど書きだしてみたら結構時間掛かっちゃった(苦笑)
もっと英語がご堪能な方からしたらちょっと違うよ、って言われるかもしれませんがあくまでこんな感じ、と言うくらいで読んでください。

DOWN TO EARTH SUPER STAR
地に足をつけたスーパースター

私たちは昨年11月下旬、ニューヨークで赤西仁に会った。
そのわずか数週間後、彼はアメリカでのリリースアナウンスを含むワーナーミュージックとグローバル契約を結んだ事を発表した。
彼は世界を見据えた活動に向けてソロとしてのキャリアを追及し始めたのだ。

仁は日本の他のアイドルとは違う資質(条件)が備わっているのか?
仁はどのような夢を持って生きているのか?
我々が赤西仁と過ごした2日間がここにある。

*11月21日(土曜日)午前中の遅い時間にホテルのラウンジにてインタビュー。

仁は白いTシャツ、ジーンズ、スニーカーといったカジュアルな服装で私たちを待っていた。
しかし、ほとんどの人が恐らくは思っていたように、彼のきちんとした身なりと口調は26歳の男性のもので、10代の若者のものとは違っていた。

そしてインタビューは自然な流れの中始まった。

**

「男としての魅力って何だと思いますか?」
彼は少し考えてゆっくりと答え始めた。
「男らしさってその人の性格的なものから。それは内面から来ているものだと思います。」

クールでカッコイイオトコについて色々話していたら、彼は所ジョージ(日本のマルチで有名なコメディアン)の名前を挙げた。

「所さんは一貫した信念を持っているんです。全てのことを遊びにつなげていて。楽しみながら仕事をしていて本当にカッコイイと思います」

(ファッションについて)
僕はブランドにはこだわらないんです
音楽もファッションも良いものはいい、そんな感じです

(音楽について)
詞を書いたり音楽を作る時、僕はそのための特定な時間やはっきりとした決まり事を持たないようにしているんで。全て時と場合(ケースバイケース)に寄るんです。好きな時に作る、いつも自然に任せています。

(言葉について)
自分の言いたい事は日本語より英語の方がよりスムーズに分かりやすく伝える事が出来ると思います。

(目標について)
アイディアはたくさんあるので、やってみたいと思う。
ひとつずつ実行していければいいかなと思います。


彼の答えは常に正直でまっすぐで的確なだった。
スラリとした容姿は性別を超越してるようで、それでいてとても男らしく力強いものだった。
(↑ココね、ちょっとアヤシイかも。。表現の仕方が難しいなぁ^^;)
日本のスーパースターは情熱的でクールだが、たとえ彼が更に彼の未知なる世界へ飛び込んだとしても、自分自身を見失う事はないだろう。

Jin Akanishi。
現実的でしっかりと地に足をつけたスーパースターだ。


*MTV IGGY Live@ Times Square Studio during the afternoon of Nov.21(Sat)
11月21日午後にはタイムズスクエアでMTV IGGYライブ。

仁はMTVスタジオではまさにプロのシンガーでありダンサーであり、そしてエンターティナーだった。カメラの前で熱いエネルギーに満ち溢れていた。
その姿はMTV IGGYにてチェック!MTV IGGY LIVE

*Yellow Gold 3010 Tour NY Conert@ Best Buy Theater on Nov.22(Sun)

仁は普段のカジュアルな服装と大差ない衣装でステージに立った。
彼はMTVとはまた違うエネルギー満載の素晴らしいショーを行った。
日本の伝統的な般若の面を使ったりボイスエフェクターを駆使したりと様々なパフォーマンスが繰り広げられ、全編英語詞のヒップホップ、ポップなサウンドで観客を魅了し彼のパーティーに参加しているかのようだった。


仁は歌う。
Tokyo's gotta know Yellow Gold I could share with you this world.
I could make you beatutiful Yellow gold, You'd better wear it.
と。

仁は東京の華やかさが好きだ。しかし彼の1人のアーティストとしての情熱が世界を探索し続けるであろう。

***

こんな感じですかねー。
違っていたらこっそり教えてくださいませ(m。_。)m

追記
解釈を間違っていた部分があったので手直ししました。

テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

23:18  |  赤西仁  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。