2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.01/26(Wed)

凱旋ライブ in Osaka AquaneeshaとAkanishaの融合 前半

仁のライブが終わった翌日から急に気温が下がってまた急に寒くなりました。
仁が大阪に居た間は昼間とっても暖かったのに。
冷え性なので足元はガッチリ防寒。それでも足だけが凄く冷えるんですよね、何かいい方法ないかしら...

そんなことはさておき、仁の凱旋ライブ、大阪城ホール行ってきました。
早くレポ、と言うか感想ですけど書こうと思いながらライブ終わりには毎夜お友達とご飯を食べに行ったりしていたので少しずつ書いては保存してたんですけど、記憶が薄れないうちに書きあげてしまおうと思います。

とにかく素晴らしいライブ(ショー)で最初から最後まで一切の妥協を許さない圧倒的なパフォーマンスと歌に酔いしれ2時間がこんなに短いって初めて知ったような感覚だった。
去年の日生劇場での友仁の流れを汲みながらLA,全米ツアーで進化を遂げ、さらになおも進化し続ける仁のショーはどんな言葉を持ってしても現しきれない、それはまるで夢のような時間だった。
歌やパフォーマンスはもちろん、ステージのライティングが素晴らしかった!!
日生の時からそうですけど仁は照明にも拘るタイプですもんね。
曲ごとに違う凝ったライティングも素敵でしたね。
特にMy MP3とEternalのライティングが好きで綺麗でした
基本ブルー系が多いのかな。

城ホは3日間共スタンドだったんですけど(A~B~Cブロをウロウロ)1回くらいはアリーナでステージ全体がよく見えて良かったかな。1回くらいはアリーナで観てみたいけどそれは神戸公演に掛けますわ(笑)
Jin Akanishiと入った金テープも取れそうで取れないという微妙な席で(苦笑)

ライブが終了した時点でツイッターなどでもたくさんいいレポが上がってますが私的目線の感想をまずは順を追って書いてみたいと思います。
しっかし…仁、痩せたなぁ
3日間別々に書いては保存してあったんだけどセトリ順に3日分書いてくことにします。
また長くなると思うので(笑)お時間がある時、暇つぶしにでも読んで頂けると嬉しいです^^
ライブ行って帰って来てその日の事をノートにメモして3日間書き溜め下書きしてあったものを一旦送信しますね。
今朝書いたんじゃないですの^^;

Overture
映像と共に仁の声でメッセージが読み上げられこれには和訳がテロップで流れるので意味は分かるから安心。
いつの間にか話し方や動き方、靴の紐の結び方までが自分自身に沁みついていた。
もう操り人形になるのはいやだ。
もういやだ。。
と言うようなメッセージが。
これは別に前Gに属していたころのことを指して言ってるのではないと思ったんですね。
14歳でJr.に入り10代から大人たちに囲まれて仕事をしてきた仁、それに自分の意思とは全く違うこともやらなくちゃいけない時もあっただろうと。
それはまだ何も分からずがむしゃらに仕事をこなしてきたその期間を言っているのかな、なんて。
他意はないと思いました。
前Gに属しているときの事だとか色々言う人もいるけど、仁はそんなちっせぇ人間じゃないですから。
あのモノクロのまるで京劇のようなメイクにも仁の拘りがあるんだろうね。
迫力ありました!(ちょっとコワイけど)




1.Yellow Gold (Remix Ver.)
ステージセンターに半分だけ見えた球体がありダンサーの動きが止まり大量のスモークが焚かれる中、King Jin登場!
まだせりあがる前仁がすでにスタンバイしていてヘッドマイクの位置を調整したり首を動かしているのが見えてその時点でもう大興奮!
仁、いるー!みたいな(笑)
右足をイスの上にどっかりと乗せKingな雰囲気を醸し出しつつロボットのような動きをしながら歌いだす仁。
曲が1曲出来上がると、後にその曲を軸に色々とアレンジ出来るんだね。
仁の口元をすっぽり覆ってしまうのマイクが何か可愛く見える。
このRemix Verは3日間共特に変わったこともなかったかな。

2.Christmas Morning
球体の中から音に合わせてロボット的動きな足取りでリフターにセッティングされたドラムセットに移動し、クリモニスタート。
んもー!これはほんっとにハンパなくカッコイイ~~!
ドラムを叩く仁も力強かったしシンセサイザーについたイコライザーを指で操作するのに腰を45度に曲げてる仁。
そりゃこんだけ腰曲げてそのあとずっと歌い踊るんだから自分の足じゃないみたい、と思うくらい体力使ってるんだろうなぁ。
指の先まで神経を使いロボットになり切ってる。
リフターでのクリモニもアリだわ~なんて思いました。
そしてやはりクリモニは神でした(涙)

3.Magnitude(新曲)
これ、すっごい好き!!
直訳すると大きさ、とか地震の規模を表す言葉なんだけどイントロからすぐに綺麗なハイトーンで歌いだすMagnitude,相当ハマってます( ´艸`)
スタンドマイクで回転が少し早くなったリフターに乗ったまま会場全体を見渡すように歌ってたなー。
途中飲み物をお飲みになるんだけど(笑)濃い色だったのでアイスコーヒーかもしくはウーロン茶だと思われ。
ストローは毎回白だったと思う、あ、初日は透明だったかも?
仁は既に汗ダク!汗かきすぎなんじゃないか?と思うくらい顔も首筋や腕までもがシャワー浴びた後みたいにびしょ濡れ状態。それだけお腹から声を出して歌ってるんですよねぇ。

4.Bass Go Boom
C・L・A・Pと点滅するライト&仁の声と共に会場全体がCLAP!CLAP!
盛り上がるわ!この曲は♪
自然と体がリズムを取ってしまう。
もう汗がハンパない!!てかナゼか汗が気になってしょうがない私(笑)
そしてダンスがめちゃくちゃカッコイイのもこの曲の魅力。

5.I.N.P
ダンサーたちと外周を回りながら、と言えどちゃんと動きも合わせていてただ普通に外周を歩いてるだけじゃないんですよね。途中ボコーダー使ってやり合うところはINPの見どころのひとつでしょ、Never Stop!で外周に囲まれたアリーナ側を向くんだけどその止まり方までピッタリと息が合っていて迫力あったな。

6.Oowah
センターステージに戻った仁。
ダンサーを引き連れて右に左にと動き回るのね(ここ埼玉では途中外周回ったんですよね)
途中ウリャッ!(って凄い巻き舌で言ってるようにわたしには聞こえるんだけど何て言ってるんだろ?)のところで左手を挙げ体も一緒に動くところ(あー!もう絵を描きたいくらい表現力が乏しくてすいません)がたまらなく好きなんですよねー。
何か動きが可愛いんだもん( ´艸`)
楽しそうな仁がすっごく可愛い。
曲もミディアムテンポでノリやすいしかなり細かい足の動きをしていて足がもつれないかと余計な心配しちゃいました^^;
ラストダンサーたちと体を左右に揺らしながらリズムに乗る場面もチームワークの良さがよく現れていて良かったです^^

7.BODY TALK
流れる汗を拭おうともせずしっとり歌い上げる仁。
もう甘くささやくようなセクシーボイスに酔いしれる、と言うか聞き惚れる~!うっとりです( *´艸`)
Nakedの後の“ハァン“が最高
この歌の時、スタンドマイクに寄り掛かるように歌うので姿勢が右寄りなんだよね、それでお尻がちょっと突き出てるように見えるのにもツボりました。

8.care
お着替えをした仁が椅子に座って登場。
careを歌ってくれるってのはさいたまに参戦したお友達から聞いてましたけど、生で聴くのはまた格別ですねー。
KAT-TUN時代の曲はもう歌わないのかもしれないと思っていたしcareはブログのタイトルにしているくらい好きな曲なのでじっくり聴かせてもらった。
それに音源化されたcareでなくてオリジナルだったのが更に嬉しい。
座って歌っているからか手と足でリズムを取り時に優しく時に力強く顔をくしゃくしゃにして歌う姿に見惚れてました。
【追記】
*21日
careを歌い終わり、ちょっと一安心したのか「ふぅ~~」と口が動きほっとした表情で小さく笑みを浮かべていたのが印象的でした^^

*22日は途中で歌詞が一瞬飛んでしまったのか入りを間違えたのね。
それで聴いてる側も「あれ?今のとこじゃないよね?間違えてるー!」となり、テンポ取るのに皆で手拍子。
「間違えた~」と替え歌して歌い終わったあと「間違えました。すみません」と謝っていた律儀な仁でした。
でも、スタートからずっと緊張感が漂い張りつめた空気感の中観ていたんですがその間違いで一気に会場全体が和んだ雰囲気になり仁も普段の仁に(not Auaneesha/笑)になってましたよ^^

9.ムラサキ
続いてこちらも名曲中の名曲。
ムラサキ歌ってくれるだなんてー!:*:・(*゚Д`;)・:*:・
Eternalのカップリングになる曲がムラサキでよかった、音源化されてないですもんね。
後にファンの方から人気の高かった曲なのでプレゼントとして、と話してた仁。
ちゃんと声は届いていたんだ、仁も知っていてくれたんだと思うとやっぱり仁って優しいんだと思うしファンの事もちゃーんと考えてくれてるんですよね(涙)
弾き語りは3日間とも無かったですが(2日目3日目はありましたね、すいません。記憶が飛んでる~
ムラサキ終わりのギターソロ仁が作った曲かしら。
この何とも言えない切ないギターの音色と曲調に胸がぎゅってなりました。

Joeyとのダンスは2人とも寸分たがわぬくらいピッタリ合っていて素晴らしかった!!
基本動きはシンメなんだけど途中でアシンメトリーになったり仁がリードする形になったり。

10.A Page
急に目がすっぽり隠れてしまうほどフードをすっぽり被り、まさに熱唱する仁。
それはもう鬼気迫るものがあって仁の迫力に圧倒。
フードでほとんど目が見えないんだけどA Pageを歌う時の仁は他の曲と何となく少し違う気がする。
魂の叫び、みたいな。
最初からそうだけど完全にアーティストの顔になってた、途中で円形ステージがせり上がり最後はうつむいて終わるのが何だか切なかった;;

11.LOVE JUICE
言わずと知れた仁のエロスな部分が存分に見れる?/笑)大好きな曲。
何だか女性ダンサー(特にLizzyちゃん)とのシルエットになる絡みが段々激しさを増すような気が…(笑)
このあたりから仁の股間(失礼!)に異変が…( ̄▼ ̄) ニヤ
KAT-TUN時代から何度か観ているLOVE JUICEですがどんどん自分の歌にしていってるよね。
やはり歌って作るだけでなく何度も何度も歌い込むことで身体に沁み込んでいくんだと思う。

12.Paparats
この曲始まる前に球体の中で3人がすんごいイチャイチャ(笑)
初日はLizzyちゃんが仁の膝に乗っかって見えたーと大興奮で言ってたお友達がいたけど膝ではなく椅子の肘掛部分に、ですね。幾らLizzyちゃんでも膝に乗られたら仁の足がえらいことになっちゃう!
大阪ではジャケットを脱いだ後、今回のツアーTシャツ(仁とクルーは右そでにStaffの文字入り)を着てるんですが、Paparatsを歌う仁の迫力たるや完全にそれこそAquaneeshaそのもの。
スクリーンに映し出される歌う顔がコワイくらい。
2日目はやらなかったけど初日と3日目は歌い終わりマイクスタンドに掛けた手の中指立ててましたからPaparatsたちには相当ケンカ売ってますわね(笑)
日生の時も思ったけど目を見開いてどうだ!と言わんばかりの表情とその存在感に圧倒されっ放しだったー!
Paparatsもやっぱり好きな歌のひとつです。
マイク逆さ持ちするでしょ、それが余計にこの曲に迫力を付けるのかも。。
男前度MAX!!


とここまでを前半とし一旦送信しましょ。
十分長いしね^^;

残り8曲と2日目亮ちゃんがゲストに来てくれて大いに盛り上がったMC場面はまた明日にでも。

そうそう、余計なお世話ですがおパンツくん情報を(笑)
1日目は見えず2日目は赤(これはMCでネタにしてたし/笑)3日目は黒か濃いグレー(濃紺かも?)に柄入りパンツくんでした(笑)
何の柄かまでは分からなかったけど小さなロゴかキャラクターみたいな感じだったかなぁ。
って!そんなトコばっかり見てるんじゃありませんのよ!
ちゃんと歌もパフォーマンスにも舞台構成なんぞにも力入れてみてますから。

それから時計は2日目はしてなかった。
初日、Paparatsの球体でイチャイチャしてる時だったかな?にオーブリーちゃんの頭に当たって仁、めちゃくちゃ謝ってたから2日目は外したのかもですね^^

亮ちゃんが来てくれた2日目はそれはそれは盛り上がましたぜよ!


ライブ期間中にオリスタや月刊SODSAが発売されてバタバタしながらもしっかりゲット。
オリスタのBook in Bookを見て読んでいるとライブが蘇るわ

久々に雑誌ラッシュのようです!!
嬉しいー!




web拍手 by FC2


テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

07:08  |  Yeloow Gold 3011 凱旋ライブツアー  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●Re: タイトルなし

鍵コKさんへ

ええ、若干^^;
詳しくは発売中のSODA、グラビアをご覧になって~(笑)
武道館ね。
私も神戸があるから行かない予定なんですけどね。
あ、ツイッターのマークは出なくなりましたのでご安心を^^

ゆうき⇒鍵コメKさん | 2011.01.26(水) 23:12 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。