2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.11/24(Wed)

Myojo お米の国の、俺だもの。 & 仁のハット

深夜に今晩は。
明日、あ、もう今日ですけど仕事休みなので夜更かしです。
(と言いますか。。母の喘息発作で喉が絞まってしまわないかを2時間起きにチェックしなくてはならないので今夜はゆっくり寝れないんですよね;)

全米ツアーも全日程無事終了し、仁はLAに移動したのかな。

WEEKLY BIZ発行人高橋氏のNY摩天楼日記が仁を取材しベストバイシアターは大成功だったと書いて下さってます。
高橋氏独自の目線が何だかすっかり女性目線になってる気がしないでもないですが(笑)
「顔の大きさ、腰の位置、そこから出る足の長さ、線の細さ、その他モロモロ、そのすべてが同じ霊長類ヒト科と思えないほど、違った。」
んだそうです。
更に「顔というより頭蓋骨からして小さい。つまりは骨格の段階からカッコいいのだ。生まれつき選ばれた「スター」であり、そのうえに、あれだけの努力をしているんだから、そりゃ「スーパースター」になるはずだ。」
と嬉しい言葉♪
確かに仁のお顔はとっても小さいけれど頭蓋骨からしてカッコイイと思えるほどなんだね、これは間近で仁を見た人ならではのちょっとユニークな感想だなぁと何だか妙に納得、そして感心してしまいました。
貴重なお話だわ。
そういう選ばれし星の下に生まれた仁、それだけでは仁の才能は開花しなかったでしょう。
誰にも見せず誰にも言わずコツコツと努力を積み重ねて来たから今の仁があるんですよね。

そしてアメ★ドリ編集長日記には仁との2ショット写真を掲載して下さってます。
※さっきまで写真があったのに無くなってる...これもオトナの事情なのかな...(´・ω・`)
この方もその昔はジャニーズJr.だったんですね。どんな会話がなされたのかは事務所サイド、主催者から強く言われているので詳しい事は載せれないとのこと。(うーん。。残念。。)
出国時に着ていた黒のダウンジャケットを左肩にだけ引っ掛けて(なぜ??)にこやかに写真に収まる仁の雰囲気がとってもいい感じね!

やっとこさMyojoを買って来ました。
アマン氏が撮った仁ショットが載るだもん、是非とも手にしなければー!と(大袈裟/笑)
会見でアマン氏を見つけた時の仁が載ってますね(笑)
アマン氏とバッチリ目が合ったところかな。
そしてテキストがまたとっても温かくて…読んでいたら何だか泣けてきてしまった
「だってさー、急に日本のファンに会いたくなってさー、そんでこのライブじゃなくて…なんだっけ…?」って^^;
仁がそう話す声が聞こえてきそう。

テキストの最後がまたとってもいいんです。

赤西仁…気さくな男である。そして、いつも変わらない男である。ふわっと頭を下げ、去り際、「バイバーイ」と小さく手を振って舞台を下りた(…でも、出口がわかんなくて、しばらく右往左往していた…。アホや)。
私はここの表現に仁への愛が感じられんですよね。
アホやって言ってるけど悪い意味じゃなく可愛くて仕方ないってのが伝わって来ますもん^^

カッコいいけど、明るくて、調子乗りで突然で、ときどきやさしくて、口下手だけど、気さくな男は、今のそのままだ。
全米ツアーをしても、シングルを出しても、ソロになっても彼は変わらない。
米国(アメリカ)の人じゃなくてお米の国の奴だもの♪


いい言葉だわ(ノД`)・゜・。

tokyohiveで仁のインタビューをやるそうです。
We will be accepting questions until Wednesday, November 23rd at 1:00 PM EST, so be sure to hurry and drop them in before then!
と言う事で仁への質問、アンケートを募集していたんだけど昨日で終わっちゃった(汗)

今日はFCIで仁のインタビューが放送されるんですよね(もう流れたのかな?)
FCIさんの3日前のツイートによると赤西仁さんのNYライブ、インタビュー、アメリカでの放送は決定ですが、ウェブ公開は著作権の都合上、決定しておりませんのでご了承ください。
決定しましたらお知らせします。とありました。

著作権とか色々難しい問題があるんでしょうけど、ぜひネットでも配信して欲しいなと思います。(-∧-)・・





仁掲載

*12月1日(水)英文月刊誌
Eye-ai 2011年1月号
(壮行会記事)

*2011年1月1日(土)英文月刊誌
Eye-ai 2011年2月号(巻頭特集全10ページ)




Yellow Gold Tour 3010 赤西仁 全米ツアー凱旋ライブ 3011
会場:さいたまスーパーアリーナ
2011年1月14日(金)18:30
2011年1月15日(土)18:30
2011年1月16日(日)17:00


続きは余談です。
仁のハットのお話。

web拍手 by FC2










全くの余談ですが…仁が被っているハット。

仁は壮行会の時から(いや、多分日生も同じものだったかも?)ずっと同じCA4LAのハットを被っているでしょ。
このハットは中折れ帽なので普通はトップの部分が少しへこんでいるものなんですよね。
気に入ったのか全米ツアー中も同じ帽子をずっと被っていたからか段々ハットの形が変わって来てるような気がして気になってたんです。 (どんだけマニアック^^;)

これが壮行会時の状態
壮行会ハット

こちらはサンフランシスコ
サンフランシスコハット

ちょっと分かり辛いけど、SF辺りではもうすっかりてっぺん部分が丸くなっちゃってる(笑)
このシリーズはもうオンライン販売終了していましが私がショップに行って見た時は中折れタイプ(同じデザインでもトップが丸いシルエットだったり、つばの部分が丸く少しくるんと跳ねたようなデザインと2種類あったんですよね。
後者の方はどうみても女性用だったんだよね、ショップの方もそう言っていたし。

だとしたら仁は同じハットをずっと使い続けアメリカ公演の頃にはすっかり形が変わっちゃったのでは?なんてちょっと思ったんです。
すっぽり被るようになってトップが丸くなっちゃったような感じですかね。
(あ、でもまた形を整えれば元に戻るんですけど)
現地に行かれた方のツイートを読ませてもらっているとツアー中どんどん痩せてった、と呟いていた方がいらしたけど、顔もずいぶん痩せてしまってましたもんね。
なので全米公演が進むにつれてお帽子が顔を包んじゃうほどだったのかもしれないな、と。
それか、ハットが飛ばないようにすっぽり被っていたのかもしれませんけど(笑)
仁に取ってはアメリカツアーを共にしたハット。
そう思うとハットはなるべく被らないで欲しいと言うのが本音だけど、愛着のあるハットなんだろうな

テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

02:41  |  ドル誌・音楽誌  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●Re: hat

鍵コメKさんへ

仁本人はもちろん小物チェックが好きなんですよ(笑)
甘い香りが相当沁みこんでいるはず。たとえ汗臭かったとしても嗅ぎたいですよね(笑)

ゆうき⇒鍵コメKさん | 2010.11.27(土) 18:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。