2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07/11(Sun)

Make a change now

今夜はわりと涼しい夜でエアコン要らずです^^
こんな夜中にこんばんは。

でも明日からずっと雨予報続き_| ̄|○
早く梅雨空けて欲しい~!

Jame WorldにYou and Jin in Los Angelesのステージレポートが上がっていて仁のインタビューこそないけどとてもいい記事を書いて下さってます。
セトリやライブのフォトギャラリーまであって素晴らしい☆
こんなにたくさんライブショットがwebサイト上にアップされるなんて日本ではまず無いことですもんね。
LAライブがどれほど盛り上がったかと言うことが写真一枚一枚から伝わって来るよ(雰囲気だけでも^^)
セトリも載ってるしね(若干違うのかな?ン?)
OPからこと細かにレポしてあって最後まで読むのに時間が掛かっちゃった^^;
日本の和のイメージを意識したコーナーがあったりなかなか楽しめたことや、曲ひとつひとつに解説をつけてくれていてライブを観たプロのライターさんならではの視線だったと思います。

ただ唯一気になった部分がココ↓
There were two things that were a bit disappointing: Jin didn’t MC directly with the fans, and many of his new songs are heavily filtered so that his natural voice is barely heard.

ステージは良く考えられていて最高のパフォーマンスを発揮出来たと思うが残念だったことがあると書いてあります。
ひとつは直接ファンと話す機会(のような)MCが無かったこと。
もうひとつはほとんどの曲にフィルター(声を加工している)が掛かっていて彼の生の声が聴ける曲が少なかったこと。

でもその後に
However, these are minor details that will likely disappear as Jin grows more comfortable performing overseas – and he will, as he is returning to the US in the fall with shows in New York, Las Vegas, San Francisco and Anaheim, in addition to Los Angeles!

しかしそのような細かいことは仁がこれから海外でのショーを重ねていくことにより良くなって行くだろう。
そしてこの秋また戻って来てニューヨーク, ラスベガス, サンフランシスコ、アナハイム、そしてロス・アンジェルスでショーをやります!(あれ?ヒューストンとシカゴは?!)

It seems that Jin Akanishi is here to stay, so everybody had better get ready to dance!

赤西仁の時代が来ているようですね、皆さん踊る準備は出来ていますか!

こんなような内容だと思います。
最後の方だけですみません

声を加工した歌が多いと言うのは私も実は日生の時からちょっと気にはなっていたんです。
ラブユア、D-モも声の加工してあったし。
でもクリモニのボコーダーは欠かせないし今の仁はこういうエフェクトやボコーダーを駆使した歌を歌いたかったんだと思うんです。
A PageやYellow Goldなど仁の声で歌ってる曲もあるんだしそんな問題なことでもないと思う。

アメリカでどんな風に評価されてるかと言う声はやはり仁も気になるでしょうからこれ読んだかな?(笑)


7月15日からJ-Netでお誕生日にアーティストからBirthdayメッセージが見れることになったんですね!

お誕生日限定[0:01~23:50ログイン(日本時間)]でその日以外は見れなくなるとのこと。
アクセスが集中しそう^^;
仁からのメッセージもあるんだろうか?グループからなのかな?

先日発売のドル誌をちょこっと立ち読みして来たんですが仁の新しいニュースは無かったですね。
WUの亮ちゃんのページに十割そばについての微笑ましいエピソードが載ってましたけど(笑)

十割そばとは10個に分かれてるお蕎麦のことじゃなくてそば粉100%を使ったそばを十割そばっていうんだとかで、それを教えてくれたのが仁だったとか(笑)

「ショックだったんは、それを教わった相手が仁やったってこと(笑)。仁が十割そば食べてて「10個に分かれてないやんけ!」ってツッコんだら「バーカ、ちげぇよ!」ってバカにされた(笑)」

仁はお蕎麦好きだから、これは知っていたんでしょうねー^^
「バーカ!ちげぇよ!」って言った仁の声が聞こえてきそうですわ( ´艸`)

タイトルに挙げたMake a change nowはYELLOW GOLDの歌詞の一部分なんですが凄くいい歌で何度も書いてるけどとっても好きな曲。
某動画サイトでしか音が聴けないけどイヤホンで聴くと仁の英語がとても綺麗です。
ここだけ取り出すとちょっと違うし(歌詞書けないし...)ちゃんとした訳は出来ないけど「(時代を変える)時が来た」みたいな感じだと思うんですよね。
新曲はどの曲もクオリティが高くて素晴らしい仕上がりになっているというのに何故にアルバム発売!の声が聞こえてこないんだろうか;;
ずっと言い続けてるのにそろそろ仁の思いを叶えてくれたっていいんじゃないのかな?
9月から全米7箇所を回るツアーが始まる前に発売されるといいのにね^^


で、話は変わるんですが先日とんねるずのノリさんがやっているお茶の水ハカセに女性シンガーでは大好きなAIちゃんが出ていたので観ていたんですが、その時にあぁ、こういうのって仁にも通ずることかもしれないなと思った事があったのでそれについて少し書きたいと思います。

仁ゴトではないので続きに入れますね。
興味のある方はどうぞ^^

世界最高のセクシー男性2010







web拍手 by FC2








AIちゃんが歌とダンスの勉強をするために長い間アメリカに留学していた話は前にも何処かで話していたので知っていたんですが、今回素晴らしいアーティストとコラボすることになったそのレコーディング風景が撮影されてたんですね。
マイケル・ジャクソンが来年ロンドンで行う予定だったツアーThis is itでバックコーラスとして出演するはずだったJudith Hill(ジュディス ヒル)と言う東洋系(ハーフ)の女性ボーカリスト。
凄く興味持っちゃったので色々調べてみたらもう共演はしてるそうでココにジュデイスの歌やインタビュー、マイケルと共演した時の動画も載ってました。
(お時間があれば観てみてください^^)

そしてその声はもちろん歌がもうね!何とも素晴らしい!!
何オクターブ出るんだろ?!
声もパワフルで凄い迫力です。ソウル(soul)が感じられます。
AIちゃんが今世界中で一番好きな声だと絶賛してましたけど、2人が歌う姿に思わず釘付けになりましたもん!!

AIちゃんもハーフですから英語話せるしアメリカに滞在していた時にふとしたキッカケで出会いがあったんだそう。

お互いが相手を認めリスペクトし合う2人の共演を見ていて思ったんですね。
仁もこんな風に世界に通ずる素晴らしいアーティストとどんどんコラボしたりfeat.でもいいから参加出来たならまた凄く刺激を受けれるんだろうなって。
仁も9月からは西海岸だけでなくN.Y.やシカゴなど東側でもライブが決まっているし、仁の好きな音楽、仁がこれから極めていきたい歌で、いい出会いがあればいいなと思うんですね。


決して簡単なことではないですが持ち前の生きる力強さと興味のあるものにはどんどんのめり込んでゆく、そんな仁だからきっとおのずと道は開けてくと思うのです。


そうなると日本を留守にする時間は多くなるけれど、仁が前へ前へと進むため仁の実になる出会いのため海外へ行くことが多くなるなら待っていようと思えるから。

テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

01:25  |  赤西仁  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

拍手コメSちゃんへ

JaMEは前回のインタビューといい今回のステージレポといい、素晴らしい記事を書いてくれるよね!
長くて読み切るのが大変だったけど^^;
ファンはどうしても贔屓目で観ちゃうから冷静な目でステージを観てくれる方の意見は貴重だよね。
仁もまず第一弾のLAが終わってまたLAに戻って来るけどその間あちこち飛び回って何処がオーラスになるのか分からないけどその時には確実にパワーアップしてるでしょうね^^
ゆうき⇒拍手コメSちゃん | 2010.07.13(火) 00:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。