2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01/31(Sun)

~その悲しみも苦しみも痛みも届かないから~BANDAGE鑑賞

BANDAGE2回続けて観て来ました。
もうほんといいわー!BANDAGE!!
1回だけで帰ろうかなと思ってたんだけども、多分2回観たくなると思って(そうです、想定内/笑)まだ手元にある前売り券を2枚持っていきました。
これで計4回観たわけですが、何度観ても新鮮な映画ってなかなか無いよね^^
そろそろセリフ覚えて来ましたわ(笑)
続けて観てもこれほど毎回新鮮に映り、次の回との合間が20分ほど空くだけなのに、またわくわくしながら観れることが出来るのがBANDAGEの強みというか持ち味なんだろうなって思います。
夜は仁友さんと電話で長話。
題して“サタデーナイトフィーバー”(笑)
何時もに増して盛り上がって楽しい時間でした^^

突然ですけどちょっと叫んでいいっすか?

ナツ~~~~~ッ!

はぁ…スッキリ♪

1回目はナツメインに観て、2回目はアサコメインに観てました。
映画の感想や話したいことはあるんだけども、ここで言葉にしてしまうことで仁たちが大切に大切に作り上げて来たBANDAGEの世界観を壊してしまうんじゃないか、と思うのであまり触れないほうがいいのかな。
ストーリー全体にしてもシーン66もラストもそれぞれ感じ方が違うと思うから。
でもちょっとだけ(笑)

主演はナツだけど、アサコ目線でストーリーが出来上がってるような気がしました。
普段あんな風にちゃらんぽらんな面もあるナツ。
最初は自分の思い通りにならないアサコに興味を抱いただけだったかもしれないけど、ナツも茶化しながらもどんどん惹かれてく姿がよく描かれてる。

気が弱いわけじゃないんでしょうがどこか脆くて儚くて放っておけないナツ。
付き合ってるような付き合ってないような曖昧な関係ではあったけども、付き合うには目に見える障害なんて無かったように思いました。
そこは2人が初めて気持ちをぶつけ合うやり取りの中で出てくる「ナツを見ていると自分を見ているみたいで嫌い」というアサコに「俺も嫌い、お前も嫌い」って言うところで、あまりにも似すぎていた2人の気持ちがそこから先に進むことを許さなかったのかな、なんて。
でも思うにきっとナツとアサコはもっと深いところで繋がっていたんだろうな。
ラストでそう思いました。

ユキヤとアルミがLANDSを辞めちゃうんじゃないかとナツ達が話し合ってるところに入って来て「どんなことがあってもLANDSはなくならない」と言ったユキヤの言葉が今日は妙に印象に残りました。
そのあと二十歳の戦争を歌いだすでしょ、立ち上がって“分からないから“とナツが歌うところでリュージのドラムがバーン!と鳴るんだけど、その音がとってもいいの!
毎回そこでグッと来るんだなぁ・゚・(ノД`;)・゚・

その悲しみも苦しみも痛みも届かないから
って歌詞が出て来るけどどこかで痛みも苦しみも分かっていたんじゃないかなと思います。

平日は仕事終わるのが遅いので次は来週土曜日また行って来ます

FREECELL、本屋さんで見たけど凄い大判なんだね!
数々並べてある雑誌の中で一際目立ってたのですぐ分かったわ^^
数冊あったので買っても良かったんだけどネットで注文したから今日には届くからね。
パラパラと中も見たけどバスローブ姿やベッドの上でPCに向かう姿、歯磨きしてる姿、眠ってるお顔などなど盛りだくさん!
足フェチな私は表紙からしてブッ倒れそうでした( ´艸`)
テキストページは届いてから読もうと思ってグラビアだけ見てきたんだけど到着が待ち遠しいですわん。
詳しくはまた明日書こうと思います。


続きは映画に行く途中12年振りに偶然会ったお友達の話を。
全くの雑談です。


web拍手 by FC2











余談ですが、映画に行く途中で12年振りに友達に会ったの!
○○ちゃん!○○ちゃん!って私の名前を呼ぶ声が聞こえる、、と思ったら何と12年前、私がマネージャーをしていたアマチュアバンドの姉妹ツインボーカルの妹のほうだった!
よく分かったなー!ビックリ!
全然変わってないからすぐ分かったって言ってたけど10年経ってるのよ、確実に変わってるでしょーよ(笑)
でも見つけてくれて嬉しかった。
あの頃はまだそのコ高校生だったんだよねー。それがもう30歳になったって言うじゃない。
そうよねぇ…私も歳を取るハズだわ:*(人´ω`*)
お茶でもと誘いたかったけど映画の時間が迫ってて焦ってて。
それでもギリギリまで立ち話しちゃいました。

バンドの映画を観る前に会っちゃうとはね。
だから余計に今日は映画の世界にどっぷりハマっちゃったのかもしれない。

私はひょんなことからそのバンドのマネージャーを引き受けることになったんですが、映画に出てくるユカリさんほど敏腕なマネージャーではなかったな^^;
仕事しながらだったので片手間程度にやっていたし。
もっと頑張ってあちこち売り込んでたら、状況は変わっていたんだろうか。
と今頃思っても仕方ないけど。
キャーキャー言われるようなバンドでは無かったから。

実際バンドでキーボードやベースを弾いたりしていた時期があったからユカリの気持ちは分かる気がします。

でも音楽好きだし毎週土曜日の夜、スタジオに集まって練習してるメンバーを見ているのが好きだった。
欠かさず行ってた。
ユカリはプロダクションに所属しているプロと言うかちゃんとしたマネージャーさんだけど、アマチュアでもマネージャーの仕事って結構大変なんです。
裏方仕事だしね。無償だしね(苦笑)
ライブは定期的にやってたけどお客さんを集めるのも一苦労だったわ。
固定客も結構いたけどアマチュアのライブってチケット余ったら基本自腹でしたから。

ライブハウスのブッキングをしたり仕事をしているメンバーのスケジュールをやりくりするのも結構大変だったな。
高校生もいたしね。
天保山にあったベイサイドジェニーや吹田にあるブーミンホールに良く出演させてもらっていました。(ローカルネタですみません)
もう今は無いのかな?

よくコンテストにも出場していてわりといい成績取ってたバンドだったけど、プロになりたい人、あくまでも趣味の世界で構わないという人、どっちでもいいという人もいてなかなか上手くまとまらなかったっけ。
プロから誘いが来たのはボーカル2人だけだったなぁ。お姉ちゃんのほうも凄い歌の上手い子だったからね。
でも2人共結婚して子供が産まれたりしてなかなか思うように練習も参加出来なくなって。
バンドってボーカルいないと成り立たないですから。

2年くらいそんなグダグダした日が続いてたけど、みんなやっぱり音楽が好き、楽器が好きってところで繋がっていてはいたので地味に練習してはライブをやる日々だったんですけども。
最終的には解散することになったわけですが、もしデビューとかしてたらどうなってたんだろ!?
今頃ギョーカイの人間になってたんだろうか(笑)

ちょっと話が飛ぶんですが
先日のMステにバービーボーイズが20年ぶりに一夜限りで出演したでしょ、KAT-TUNはもちろんですがバービーボーイズ登場にテンション上がりましたよ~(≧▽≦)!
歌が好きでライブにもよく行ってたねすよね^^
(もう私の年齢バレバレだね(@_@。)
コンタ(ソプラノサックス吹きながら歌ってた方ね)と杏子姐さんの男女ツインボーカルってのも当時は珍しかったし。
女ぎつね on the runを歌いましたがバービーボーイズにも名曲はたくさんあってアルバムも全部買ってたわ。
ベースのエンリケさんは浜崎あゆみのバックバンドメンバーだしね。
「負けるもんか」「なんだったんだ?7DAYS 」「泣いたままでlisten to me」とか一風変わったタイトルや曲調が好きでした。
でも、コンタ太ったー!(失礼!/笑)
凄く細かったしめちゃくちゃトンがってたコンタさん。
杏子姐さんはまったく変わらずでお綺麗でした☆
福耳にも参加してるんだよね。

話戻します。
そして昨日会ったらまた最近歌い始めたって言っててあの頃のメンバー(みんなもうずいぶん歳取っちゃったけど)の何人かは一緒らしく来月ライブやるから観に来て!とお誘いを受けましたが来月は仁のソロコンで忙しいからね(笑)
お誘いは嬉しかったけど、ちょっとそこのドラムスと色々ありましたので^^;
行きたいような行きたくないような…
会いたいような会いたくないような…
まぁもう気持ちは完全に吹っ切れてるし思い出すことも無かったんだけど、そんな話を聞いたもんだからふと12年前のあの頃を思い出してしまった。
映画を観ている時はナツに集中してたけどね(笑)

90年代後半頃の話です。
まだバンドブームは続いてたと思う。

いいバンドだった。
まだやってるって事は今も夢を追い続けているのかな。

全くの自分語りになってしまいました^^;

テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

01:00  |  BANDAGE バンデイジ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●Re: タイトルなし

さっちゃんへ

さっちゃんも既に5回目の鑑賞なのね(笑)
私もまだ前売り券が手元にあるからまだまだ行くわよ♪
仕事帰りに行きたいんだけど上映時間が合わなくて休みの日になっちゃうのが辛いけど;
セリフもそうだし次の場面もそろそろ覚えて来ちゃったけど毎回が新鮮に観れる映画って初めてかも^^

そうね、BANDAGEに限らず映画って観る人の感じ方によって違ってくるものなんでしょうが新鮮に観れる反面、観るたびに難しくなるような気もするんだなぁ。。
ストーリーがとかそういうんじゃなくて。
楽しんで観ればいいんだろうけど色々考えちゃう(苦笑)
これまた分かりづらいけど^^;

何時か会って映画の話したいね!
ゆうき⇒さっちゃん | 2010.01.31(日) 22:28 | URL | コメント編集

今日、5回目のBANDAGEを観てきます(笑)

ゆうきちゃん同様、セリフも次のシーンもわかるくらいになっちゃったけど(笑)
意識したコトはないのだけれど、毎回観るポイントが違うのかセリフ1つにしても、演技1つにしても、心に響くものがあるのよね。
今日はどんな心の響きを感じられるかな。

どの映画もそうだろうけど、この映画は特に観る側のとらえ方、感じ方によって登場人物の存在感…う~ん、なんて言ったらいいのかな。
ストーリー(過去・現在・未来)が色々あるのかなぁ~なんてね。

うまく言えないな(笑)
ゴメン!

さっちゃん | 2010.01.31(日) 07:45 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。