2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01/18(Mon)

ボクらの時代&大ヒット御礼舞台挨拶詳細&BANDAGEアジア進出!

映画の余韻に未だ浸りながら書いてます。
今日も映画を観に行こうかなと思ってたんですけどやらなくちゃいけないこともたくさん溜まっていたのでとりあえず持ち越しにしました。
早く行きたい~!

家の事もあるけどHDDに溜め込んだWS系を何とかしないと!ってことで午後は一気にHDDを整理してスッキリ♪
その中でひとつタイトルが“復刻タイトル”ってなってるのがあって。
え?何?これ…?と観てみたら宮根さんが出て来たので「おはよう朝日です」だわと^^;
でも何で復刻になってたんだろ??
謎ですけど録れてて良かった(´▽`)
ヒット祈願の映像だったんですが他の番組はわりと正面からのものが多かったけどおは朝は後ろからの映像だったんですよね。
ハット脱いで鈴を鳴らしている仁が後ろから映っていて。
前から見ても髪がくりんくりんだけど後ろはクリクリ度数がもっと凄かった汗
(※画像は続きに入れておきます)

◆「ボクらの時代」

この番組とっても良かったです♪
小林さん、岩井さん。
2人の巨匠に囲まれて緊張してんのかしらと思いきやイェーイ!ですもん(笑)
眉がすっぽり隠れるくらいにニットキャップを被っていましたが時折帽子や襟足を気にして何度もいじってるのが可愛いわ( *´艸`)
この帽子被ってるとクリックリなオメメがより強調されてほんとに可愛いですよね。
冬はニットキャップが定番なのかな。
ボンボン付きのも可愛いけどこのシンプルなニットキャップもとっても似合ってね♪

3人だけのトークって映像で観るとどうなるんだろ?なんて思ってましたが仁も信頼するお2人と一緒でカメラが回っているとは言えとってもリラックスしていていい表情だったしよく喋っていて楽しそうでした^^
これ朝早い時間の収録だったのね。
朝だからなのか「頭が回らないです」て言いながらも小林さんと岩井さんのお話をとっても興味深そうに聞いてたし、逆に質問もしちゃったりして。
ナツ役に仁を起用したのは大当たりだったと褒めてもらってる時の仁の顔が恥ずかしそうなんだけど凄い嬉しそう。
目をクリクリしながら聞いてる仁、もう嬉しさが隠し切れない様子( ´艸`)
褒めてもらってばかりで段々嘘に聞こえてきて、かと言って褒められないと僕ヤなんですけど。
褒められて伸びるタイプなんで。


仁は褒められると照れちゃうけど、褒められないとイヤなんだね(笑)
も~~!可愛すぎる(*´д`*)

それにしても小林さんと岩井さんはとっても話上手ですね。
第一線で仕事をし日本の音楽界、映画界を引っ張って来たお方というのは話すのも上手い。

でも仁も頑張ってた!
小難しい話になると真剣な表情になりその顔が可愛いんだけど大人な感じがして素敵でしたわ。
ジャニーズ入りした時の話を岩井さんに聞かれた時には手振り身振りで一生懸命話してたしね( ´艸`)

小林さんは裏表のない人だからと岩井さんが言ってましたけど、仁もそうじゃないですか。
リアフェのPVの中でたっちゃんが「赤西は裏表がないから。裏で何か言われるってことがないから気持ちいい」って言ってたものね。
そういうフィーリングもピッタリ合ったんだろうな。

多分これは無くても良かったんでしょうが番組のOA上恋愛のコトも話さないと、みたいな空気が^^;
「あ。これ・・・いいんですか~?」って何かを思いついちゃったイタズラっ子のような顔をしながら小林さんに少し遠慮がちに問いかけるところも良かったです。
即答で「ダメ!」って言われちゃったけど(笑)

仁の恋愛観は何時も話してることと変わらず。
「仕事はプライベートの為にやってるんで」とハッキリ言っちゃう辺りはブレない仁らしい^^;
(とここだけ聞いちゃうとまた誤解されちゃうけども)
ファーストプライオリティは家族や仲間。
それはこの先ずっと変わらないと言う仁に岩井さんがそのバックグラウンドがあってこそだもんね、みたいに言って下さってしきりに頷く仁。
そんな風に理解して貰えると言うか解釈してもらえるって嬉しかったんじゃないかなって思います。
まぁ出来ればもうちょっと先にしてもらいたいトコですけどね(苦笑)

小林さんと岩井さんの関係を羨ましいと言った仁。
この出会いが仁に取ってかなり刺激になったろうし影響を与えてくれたことは間違いないね^^

BANDAGE公式サイトに1月25日の舞台挨拶全国生中継の詳細が出てました。
夜もあるんだね!
19:15の回なら間に合うー!
(↑発表された時はてっきり昼間だと思い込んでた人/笑)

チケットは抽選ですから当たらないと入れないんだけどヽ(TдT)ノ
けど、とりあえず応募しなくちゃ始まらないので応募してみます。

スポーツ報知にBANDAGEが台湾と韓国で上映が決定したとありました。


KAT―TUNの赤西仁(25)の初主演映画「BANDAGE バンデイジ」(小林武史監督)が16日、初日を迎え、韓国、台湾で公開されることが発表された。韓国からは同作のドラマ化のオファーも届くなど、赤西人気はアジアでも絶大。海外公演は未経験のグループより先に、アジアへ本格進出する。この日は、ヒロインの北乃きい(18)らと東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台あいさつを行った。

 赤西が映画初出演、初主演作でアジア進出する。決め手になったのは、国内に負けず劣らずの赤西の人気だ。

 韓国と台湾では、KAT―TUNの亀梨和也(23)と出演した日テレ系「ごくせん」(05年)が放送され、高視聴率を獲得。その後は日本でのドーム公演に現地から多数のファンが詰めかけている。

 東宝によると韓国、台湾での公開時期は現段階で未定ながら、更なる海外公開の拡大を目指し、ほかのアジア地域や欧州諸国とも交渉を続けているという。

 韓国からは、すでにドラマ化のオファーも届いている。今作は岩井俊二監督(46)が製作・脚本・プロデュースを担当。岩井監督の95年の映画「Love Letter」(中山美穂、豊川悦司主演)は韓国で150万人動員と邦画では空前のヒットとなり、06年のプロデュース作「虹の女神」(06年、熊澤尚人監督)がドラマ化されるなど岩井人気は絶大。ドラマの製作会社は非公表ながら、「岩井監督の脚本なら」と“買い注文”があった。現地のバンドブームも追い風となった。

 同作はバンドブームの1990年代、バンド「LANDS(ランズ)」を組み、音楽に青春をかけた若者たちを描く。赤西はバンドのボーカル・ナツ役を演じている。

 全国214スクリーンで封切られ、興収20億円を見込める好スタート。舞台あいさつでは普段より緊張した様子の赤西だが、満員の拍手に迎えられ「本当に、本当にありがとうございました。皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです」とあいさつ。「ワイワイやっていた。和気あいあいとした現場で、楽しく撮影をすることができました」と笑顔で振り返った。



スゴーイ!
KAT-TUNは元々アジアでも人気がありますがライブより早くまずは映画で進出とは素晴らしい
どんどんワールドワイドになってくね!
ハリウッド映画に出る夢もそう遠いことではないような気がしてきました^^

*また長くなっちゃってすみません(汗;)
書き出すと止まらなくなってしまって。
最後まで読んで下さって有難うございました^^

web拍手 by FC2








ヒット祈願

ヒット祈願①

すんごいクリクリッぷりですねー!
これだけ伸びるとちょっとうっとおしくないのかな(笑)
でも何だか可愛く思えちゃう後姿ですよねアップロードファイル

テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

00:45  |  BANDAGE バンデイジ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。