2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11/15(Sun)

月刊Songs ~上手くいくプロジェクト~

映画撮影後、小林監督と対談した雑誌はこの月刊Songsが初めてだったんですねー。
表紙を2人で飾り、巻頭11ページにも渡るBANDAGE特集、凄く良かったです。
話してる後ろに機材らしきものがたくさん見えるので、ここは小林さんのスタジオなのかなぁ?
この取材の前にもPV撮影で会ったばかり、仕事以外にもプラベでも良く会ったりもしてるんだそうで、仁も構える様子も無くリラックスした表情が印象的だわ^^

対談の内容もとっても興味深いものでした。
小林さんが仁をとても高く評価してくださっていることが仁ファンとしてはとっても嬉しいし、また仁も監督に信頼を寄せ、任せつつも自分の意見はちゃんと言う、みたいなところも何時もの仁と変わらなくて。

ドラマ仕立ての映画の監督は初めてだった小林さん、「仁との相性に助けられたってのが正直なところかなぁ、まぁ、これくらい持ち上げといたほうがいいかな(笑)」ってユーモアもたっぷりな小林さんの一面も見れちゃった感じ^^
仁はなんですか?それ?(笑)って返してますけど、いい雰囲気だなぁーってのを誌面からも凄く感じる事ができます。

小林さんに任せてますからって言いながら“この男、まだ(僕=監督のこと)疑ってんな”みたいなところは感じていたんだそうで^^;
そんなところまで見抜いていたとは流石です。
似ているところがある、言ってることとか考え方とか理解出来ると感じたら年齢とか関係無く一気に距離が縮まるものなんですね。

歌についても、音楽プロデューサーさんでもある小林さんから赤西の声にはビブラートとか甘さがあるからとか、この人はすごくて、ハモリとかもすぐに自分でパッと入れられる男だから、なんて言われると嬉しいだろうな、ある程度はアドバイスもして頂きつつ、最後は仁の思うように歌えた、そんな風に持って行ってくださったことも心強かったと思ったりします。
歌のスキルとかあまりない、飛び抜けて上手いとかそういう感じじゃない、それをね、テクニックでごまかす歌い方をしてた、なんて素直な発言も。
お互い思ったことははっきり言葉にするってところも相性的に良かったんでしょうね。

対談についてはとにかく読んで頂きたい、ほんと^^

ひとつだけちょっと驚いたのはQ&A6でナツとユキヤ、どちらの心情に共感する?に小林さんは「監督の共感としては、この赤西と共にでき上がっていったナツなのかなと思います。思い入れはたっぷりですね」と言うのに対し、仁はどっちも共感しません(きっぱり!)って言い切ってたこと(笑)
ナツ役を演じた仁がナツにも共感できないって意外だったかなぁ。
今まで発売された映画関連のインタビューでもナツはナツで、自分とは違うと言っていたけれど、ここまではっきり言い切れると言うのも仁らしいなぁと思ったりしますが。

Q&A2ではシーンでの思い入れは深いと話してくれているのでナツには共感できないってだけですけども。

まだ映画を観ていないから良くは分からないけど、演じる役に仁を重ねて見てしまう部分ってドラマでもそうだけど、どうも私はそういう傾向にあるようですわ^^;
黒沢くん@anegoなんて思いっきり仁と重ねてたもん 苦笑
その後、どんどん仁を知ってく中でうーん、やっぱり違うわ~!って思うようになったんだけれど。

取材日記に思わずほっこりするようなエピソードが載ってます。
撮影中もスタジオには終始、和気あいあいとした笑い声が響いていて、2ショット撮影ではまず小林さんが仁の肩を抱くカットを撮ったそうで、そのあとカメラマンが「じゃあ今度は赤西さんが小林さんの肩に手をかけてみるのは?」と提案したところ、「え~っ。それしちゃいます?」とハニかむ仁に「ほら、ほらっ」と優しく促す小林さん。って^^
ハニかむ仁.........想像出来る( *´艸`)
P10にそのハニカミショットが載ってるんだけど、ほんとだ、監督の肩に回した手がぎこちないわ(笑)
こんなところも仁が愛される由縁なんだろうなって思う。
P8の左上のショットが一番好きだなー!
オフショットっぽくてすごくいいです♪

月刊Songs、大切な1冊になりました。

エコレゾwebを読んでもミスチルのライブや色んなイベントなどで毎日とっても忙しそうな小林さん。
小林さんとはこの映画だけで終わっちゃわないで欲しいですね。
いや、きっとこのまま終わらないだろうな。
仁に取ってもとっても大きな出会いだったでしょうし、小林さんもそう思ってくれてると思いますし。
また何時かどんな形かは分からないけど、タッグを組んで頂けたら嬉しいなと思います。

あと、この映画の主役に仁をって思われたキッカケみたいのがあったらそこを聞いてみたい。
仁のことをどんな風に知ったのかなぁと思うのよね。
以前にも会ったことがあって知っていたのかなぁとか、何故仁に興味を(あ!ヘンな意味じゃないよ/笑)持ってくれたのかなぁってすごく知りたい。
岩井さんと同時にナツ役は赤西でって思ったことは話してくださったけれど、アーティストとしての、俳優としての仁にどんな風に興味を抱かれたのかなぁって。

そして誌面での対談も、もちろんいいんですけど例えば「僕らの音楽」のような音楽番組で話しているところをぜひ観てみたいです♪

+act. (プラスアクト) 2010年 01月号Amazonにて予約始まりました♪表紙:仁
*PCから*


*携帯からはコチラ↓*
+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2010年 01月号 [雑誌]


赤西仁↓■仁関連雑誌■ 

11月21日 ViVi 月号
11月27日 オリ★スタ(表紙:仁x小林監督)
       +act. 1月号
11月28日 With  1月号
12月01日 日本映画navi(表紙&巻頭:現場リポート 赤西仁、北乃きい)
12月10日 シネマスクエアVol.28(表紙)
       FINE BOYS (人物クローズアップ:赤西仁)


◆Amazon◆

KAT-TUN

KAT-TUN LIVE Break the Records【初回限定盤】
KAT-TUN LIVE Break the Records【通常盤】

LANDS
BANDAGE【初回限定盤】〔CD+DVD〕〔Single〕〔Limited Edition〕
BANDAGE【期間限定盤】〔Single〕〔Limited Edition〕


web拍手 by FC2










月刊Songs

P8ショット。
監督とのこの距離感もいい感じだし、仁の表情が自然体で可愛いy

テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

00:40  |  ドル誌・音楽誌  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

Jミさんへ

Songsはとても内容が充実していて、これから映画を観る側としてはとても興味深かったですね。
試写会の時といいBANDAGE関連の取材時といいとってもいい表情をしているので、忙しいでしょうけど充実してるんだろうなって思います^^
僕らの音楽、出て欲しいですよね。
MステにSIGNALで出演した時、小林さんも一緒だったんだ、そうですか^^教えて頂いてありがとうございます。
過去のVTR観てみようかな♪
そうなんですよ、かなり本格的にサーフィンやってました。
年中真っ黒に日焼けしていましたから^^;
アメ村ではよくラハイナというお店に行ってました(可愛いクジラのモチーフのお店です^^)
ムーンファイトサーファーは今でもカラオケに行ったら歌ってます(笑)
JDサウザーもエア・サプライも、もちろん知ってますよ!
サーファーには欠かせない音楽でしたから。
あとR・D・M・C・Aとかね。
やはり同世代のニオイがして来ますわ(笑)
今週のMステ楽しみですね^^
ゆうき⇒拍手コメさま | 2009.11.15(日) 23:23 | URL | コメント編集

●Re: タイトルなし

さっちゃんへ

こんばんは☆
そうか、本屋さんが開店する前にお出掛けって結構早い時間だったんだね。
もう手にしたと思うけど、とっても充実した内容になってるでしょ。
取材、取材で忙しいだろうけど充実した毎日でしょうね^^
ゆうき⇒さっちゃん | 2009.11.15(日) 23:12 | URL | コメント編集

ゆうきちゃん、おはよ♪

昨日は本屋さんが開店する前に出掛けてしまったので、まだ本をお迎えに行ってないのです。

ブログ読んだら、早くお迎えに行かなきゃ!と思っちゃった(笑)
さっちゃん | 2009.11.15(日) 10:41 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。